長野県高山村で、農家や実業家との合コン「ムラ婚活」開催

写真拡大

郷土料理振興事業を手掛けるロケーションリサーチと、農業後継者を中心とした団体高山活性化協議会は、長野県高山村を舞台に「ムラ婚活@日本で最も美しい村(第3回)」を10月27日から10月28日の2日間にかけて開催する。

同企画は、グリーン・ツーリズム(都市農村交流推進事業)の取り組みを通じて、農業後継者の育成と農業・地域の活性化を目指し、地域間・男女の交流促進を目的としている。

「スローライフ」や「マルシェ」などのキーワードに注目を寄せる、自然生活に興味を持つ都市部の独身女性(20歳以上)を対象に、農山村生活者との出会いを演出するという。

なお、前回の第2回は、8月25日から8月26日に開催された。

男性案内役として村の若手農家5名、村の若手実業家3名、村役場より2名、他2名の計12名と女性12名が参加。

プルーン収穫、りんごの葉摘みなどの就農体験や、「おやき」、「プルーンジャムづくり」といった郷土料理体験教室のほか、地産地消バーベキュー、観光や地元の人々との交流を実施。

終了前のカップリングシート記入を通じて、2組のカップルが成立したという。

カップルが成立した2組には、継続的な交流を目的とした特典(東京駅〜長野駅間の往復新幹線チケット、遊園地ペアチケット、他)が、事務局から贈呈された。

3回目は、より農業体験の色を強くし、農家の生活にフォーカスした形で交流イベントの開催を予定しているとのこと。

男性案内役として、村の若手農家5名が参加。

女性参加者の定員は8名で、食費や実費等を含む参加費は12,000円を予定している。

申し込み方法や、過去の様子などの詳細は同企画公式ウェブサイトを参照のこと。