【女性編】もし失業して所持金10万円以下になったらどうする?ランキング


この究極のピンチをどう切り抜ける?





正社員でもアルバイトでも、いまの仕事を失う可能性はゼロではありませんよね。もしも失業したら、旅行の予定も欲しかったバッグもあきらめなくてはなりません。しかも所持金は10万円だとしたら……。この金額でどれくらいの期間を頑張れるか? そしてこの状況を切り抜けるために、まず何をしますか? 女性517名にリサーチしました。





Q.もし失業して、所持金10万円以下になったらどうするか教えてください(複数回答)

1位 実家に帰る 50.1%

2位 早急に仕事を探す 47.0%

3位 日払いでもいいから仕事をする 36.2%

4位 ハローワークへ毎日行く 30.6%

5位 節約する 30.2%







■実家に帰る

・「家賃がまず無理になるので」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「まずは、何事も身内に相談すべきだと思うから」(30歳/機械・精密機器)

・「実家にいれば、なんとかそのうち復帰できる気がするから」(25歳/運輸・倉庫/営業職)





■早急に仕事を探す

・「無職は耐えられないので、すぐに仕事を探す」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

・「正社員の仕事が見つかれば、すぐに何とかなるから」(26歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「とりあえず出費を減らして、早く職を見つけようと思う」(28歳/金融・証券/事務系専門職)





■日払いでもいいから仕事をする

・「自転車操業でもいいから仕事をするのが一番」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「何しろ当面の資金を稼がないことには話にならない」(27歳/団体・公益法人・官公庁)

・「働かざる者食うべからずだから」(24歳/生保・損保/営業職)





■ハローワークへ毎日行く

・「職探ししかないと思うから」(22歳/ソフトウェア/技術職)

・「なんでもいいから仕事をして稼ぎたいから」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ハローワークに行ってどうにかします。生活費とかは家族を当てにするかも」(20歳/医療・福祉/専門職)





■節約する

・「締められるところは締めて、とにかく早く仕事を探す」(21歳/商社・卸/事務系専門職)

・「とにかくまず節約して、売ってもいいものを売ってから次を考える」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「まず自分の身を立て直すことが大事だから」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)





■番外編:ピンチを乗り切る知恵はさまざま

・「ヤフオクに何度も助けられた」(24歳/情報・IT/事務系専門職)

・「起業する。やればできる」(24歳/小売店/事務系専門職)

・「仕事がなくなったら大学院に戻るのは前々からなんとなく考えている。実家に帰って(今も実家だが)学生に戻ればいろいろ免除になる」(24歳/運輸・倉庫/営業職)





総評

1位は「実家に帰る」でした。やはり、いざというときに頼りになるのが実家。あまり無理をせず、困っているときは頼るという人が大多数のようです。女性のほうが実家に頼ることにあまり抵抗がない人が多いような気がします。





2位「早急に仕事を探す」から4位「ハローワークへ毎日行く」まで、仕事を探すガッツのあるコメントが多かったです。お金がないからというよりも、働いていないことに不安を感じるというコメントも。





番外編では、仕事を探す以外の方法で、ピンチを乗り切るためのさまざまな方法が寄せられており、参考になりました。皆さんもピンチのときは思い出してみてくださいね。





とにかく「仕事を探して働こう」という意欲があれば、なんとかなるはず。定職に就いているいまの時点で、もしものことを少しだけでも考えておけば、いざというときにあわてなくてよいのかもしれません。だからといって、あまり心配しすぎるのも考えもの。いまの環境に感謝しつつ頑張りましょう。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年7月23日〜2012年7月28日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性517名

調査方法:インターネットログイン式アンケート