立川ブラインド工業(株)は、調光性、プライバシー、省エネといったブラインドの優れた点をより進化させた「パーフェクトシルキー」の新タイプとして、「ノンビスタイプ」と「セパレートタイプ」を10月1日(月)に新発売する。
「ノンビスタイプ」とは、側面壁につっぱる力を利用して取付けるもので、浴室のタイルや賃貸住宅など壁に穴をあけられない場所に適している。浴室で「パーフェクトシルキー」の使用が可能となったことにより、「パーフェクトシルキー」が持つ高いプライバシー性能の活用用途がさらに広がる。また「セパレート」タイプは、2台のブラインドを1つのヘッドボックスにまとめて取り付けが可能なもの。開口部の広い窓や掃出し窓など、出入りの多い場所に適している。20度回転するごとに「カチッ」と音がする「クリックチルト式」を選択すれば、2台のブラインド角度を容易に合わせることができる。
この他、標準タイプはに、さらに遮蔽性能を高めることができる「ガイドレール対応」を導入した。ガイドレールの色はホワイトとブラックの2色。標準タイプ全製作サイズに対応。