オシャレのためだけじゃない! サングラスを日常的に使ったほうがいい理由




金環日食のとき、太陽を見るために、色つきのメガネが販売されていましたよね。太陽を直接見ない場合も、眼球を可視光線や紫外線から守るのは大切なこと。オシャレをしつつサングラスで目を保護してはどうでしょうか? 清澤眼科医院・院長の清澤源弘先生に、サングラスを日常的に使ったほうが良い理由を教えてもらいました。



■濃すぎるサングラスはかえって逆効果



――お肌のシミや皮膚がんの原因になると言われている紫外線ですが、目の健康にもよくないのでしょうか?



「紫外線を眼球で過度に受けると、短期的にはスキーのときによくなる雪眼炎、中期的には白目の一部が黄色く濁る瞼裂斑(けんれつはん)、長期的には翼状片や白内障を引き起こすと言われています」(清澤先生)



――サングラスで目を保護すると、病気を予防できるのでしょうか?



「大切なのは、眼球を紫外線から保護すること。スキーなどでまぶしいときは別ですが、通常の生活において眼球を紫外線から保護するためには、逆に、濃い色のサングラスをかけるのはおすすめできません。



なぜなら、色つきのメガネをかけると、目は夜だと錯覚して、瞳孔がより開かれた状態になるからです。そして、瞳孔が開かれると、それだけ眼球が紫外線を受けやすくなってしまいます。日常でサングラスをかけたいなら、薄い色のものにしてください」



■大切なのはUVカット機能がしっかりしたレンズであること



――サングラスは眼球の紫外線保護には関係ないのでしょうか?



「サングラスは目のまぶしさを防ぐ、つまりは可視光線対策のもの。太陽を直接見てはいけないというのも可視光線のお話です。眼球を紫外線から保護するためには、UVカット機能がしっかりしたレンズであるどうかのほうが大事なのです」



お肌と同じにように、UV機能が大切なのですね。これなら、サングラスを着用しづらい通勤時にも目を保護できます。



続いて、高田メガネ店の桜木項三さんに、効果的なUVカットレンズの選び方を教えていただきました。



「UVカットレンズにも、レンズの中にUVカットレンズを埋め込んだものと、レンズの表面をUV加工したものと2種類あります。後者ですと1年くらいではげてしまうので、目の健康を意識しているつもりが、実際にはサングラスでより開いた瞳孔に眼球が紫外線にさらされているという状態になりかねません。注意してください」(桜木さん)



■それでも、やっぱりサングラスがオススメなワケ



「え? じゃあ、サングラスって意味ないの!?」と思われた方もいるでしょう。



そんなことはありません!



「紫外線ではないのですが、目で太陽の光(可視光線)を感知すると、『メラニンを作れ!』という指令が脳に伝達されるという説があります。メラニンはご存じ、シミの原因。メラニン産生を抑制するためにサングラスは有効かもしれないのです」と、清澤先生は、別の側面からサングラスの有用性を話します。



なるほど、ひと言で「目」と言っても、役割はいろいろあるのですね。



日ごろから目を保護するためにも、UVカット機能がしっかりしたレンズで作られた薄い色のサングラスを皆さんもかけてみてはいかがでしょうか?



また、清澤先生が「目の健康を考えるのであれば、ひとりひとりの目に合わせてきちんと処方されたものをおすすめしたいところです。そうでないと、包括的な健康という意味では、眼科医として共感しかねます」とおっしゃっていたことを最後に記しておきます。



清澤先生、桜木さん、どうもありがとうございました!



■取材協力



清澤眼科医院 http://www.kiyosawa.or.jp/



高田眼鏡店 http://www.takata-optical.co.jp/



(OFFICE-SANGA 臼村さおり)