立川ブラインド工業(株)は、装飾カーテンレールやピクチャーレールなどデザイン性と機能性に優れたカーテンレール計3品種を、10月1日(月)に新発売する。
今回発売される装飾カーテンレールは、「レゼルバクワド」と「フレシア」の2品種。「レゼルバクワド」はシャープで存在感のあるアルミレールと積層強化木のフィニアル(2色)を組み合わせた、モダンで重厚感のある新スタイルレールで、側面からの光漏れを軽減するサイドカバーにも対応する。「フレシア」はスクエアな形状のシンプルデザインのカーテンレール。壁紙に合わせやすい「マットホワイト」と「マットダーク」の2色を展開する。「レゼルバクワド」と「フレシア」ともに、マルチブラケットを使用することでヨコ型ブラインドなど他製品とのコーディネートも可能となる。
また、ピクチャーレールには、壁面を効果的に活用できる「VP-M」が登場する。写真や絵画を飾るフックの他、新たに帽子や洋服を掛けることができるフック、小物が収納できるラックなど新機能が追加された。

この他、既存の装飾カーテンレールについても、「ビバーチェ」「ビバーチェプラナ」「ファンティア」「ファンティアフィル」に落ち着きのあるマットカラー2色を追加、さらに「ビバーデェ」に天然木のフィニアル「ウッドフィニアル」4種が追加された。