ドトールコーヒー名誉会長
鳥羽博道
1937年、埼玉県生まれ。県立深谷商業高校を中退し、東京で喫茶業に入る。58年、ブラジルへ渡航。帰国後の62年に独立。2005年、社長を子息の鳥羽豊氏に譲り翌年から現職。ドトールコーヒーは日本レストランシステムと07年に経営統合し、共同持ち株会社の傘下に入る。

写真拡大

人生とは「努力」「忍耐」「時」の繰り返し。これは27〜28歳のころ、『徳川家康』全巻を読み終えて気づかされたことである。

私には学歴がない。だから数多くの書物を読むことで、経営課題に立ち向かってきた。コーヒー焙煎業のドトールコーヒーを設立してから3〜4年目のことである。天下を取るにはどうすればいいか。そんな問題意識を持ち、眠い目をこすりながら毎晩いろんな本を読みあさった。

なかでも『徳川家康』は、『坂の上の雲』と並び、勉強させられることの多い小説だった。1冊のなかから1つか2つの大事を学び、自分のものにすることができたら、それだけでもたいへんな力になる。2つの名著は、私にとって大きなエネルギー源になったのである。

山岡荘八の描くところでは、家康の生涯を貫いていたのが「努力」「忍耐」「時」のセオリーだ。

人はまず自分の目標に向かって努力をする。だが、努力をしたからといって、すぐに目標が実現するわけではない。その間はぐっと耐え忍ばねばならず、やがて時が至れば成就する――。

難しいのは「時」の見極め方だ。時をつくろうとすれば焦りが生じ、待とうとしすぎれば消極的になる。大事なのは「時をつくりつつ、時を待つ」ということだ。家康の生き方からそのことを学び、ひそかに仕事を進める際の指針としたのである。

では、家康の生涯を通じての目標、あるいは理念とは何であったか。

戦国時代のさなか、武将どうしが互いに散々殺しあっているなかで彼が打ち立てたのは「欣浄土厭離穢土(ごん求ぐじょうどえんりえど)」という理念だった。要するに、殺戮のない平和な世の中をつくりたい、というのである。

これに対して、織田信長の理念は「天下布武」――つまり武力によって天下を平定する、ということだった。だが、武をもって平定しようとする人は、武によって倒されるのではないかと私は感じた。「あの会社を潰してやろう」「あの同僚を亡き者にしよう」と挑みかかれば、自分自身も倒れていくに違いないのだ。

一方、実りの多い「千成瓢箪」を旗印にしたのが豊臣秀吉だ。私の勝手な解釈によれば、取ってきたものを分け与えることで、人を率いるという考え方だ。しかしこの理念も、最後には取るもの(領地)がなくなったために破綻してしまう。朝鮮半島まで兵を進め、大敗を喫したことで豊臣家の命運は尽きるのである。

家康にとって最大の岐路だったのは、天下分け目の関ヶ原の合戦だ。合戦を前に、石田三成は自軍の勢力を集めるため東奔西走したという。ところが家康は、動かずに書を書いていた。

これも私なりの解釈だが、家康はこのとき、次のような書状を武将らに書き送り、次々と味方に引き入れていったのではないかと思うのだ。

すなわち――「自分たちは長い間お互いに殺戮を続けてきたが、そんなことはもうやめよう。今後は欣求浄土厭離穢土の考えに基づいて、平和な社会をつくる。勝利の暁には、あなたにこの領地を任せたい」。このようなことである。

もともと数多くの武将が秀吉への恩義を感じているなかで、あれだけの軍勢が徳川方についたのは、家康の掲げる理念に賛同する人が多かったからだ。

家康は天下を平定したのち、理念を実現するため果敢な行動を起こした。刀狩りを徹底し、御三家など親藩を街道筋に効果的に配置することで幕府の安全を期した。のちには参勤交代の制度を設けることで、反乱の起きにくい仕組みを築き上げたのである。このことが、結果として江戸時代270年間の平和な社会につながったのだ。

世に努力をする人はいくらもいる。しかし大事なことは、どのような目標を持つかということだ。人の共感を呼ぶ旗印(理念、目標)を掲げることで、より大きなことが成し遂げられる。家康の事績を学ぶことで、いかに理念が大切かを思い知らされたのである。

私自身も、次のような理念をもとに会社経営に当たろうと決意した。

「厳しさの中にも和気藹々たる会社をつくる」。そして「1杯のコーヒーを通じて、お客様にやすらぎと活力を提供することが喫茶業の使命だ」。

金儲けをしようなどとは毛ほども思わなかった。金もない、信用もないところからスタートした、いつ潰れるかわからない会社である。しかし、2つの理念をもとに突き進み、相当の部分を実現できたと思う。

いま、大事なことは「国民等しく幸せに住める社会」の実現だ。ここ数年来、日本を代表する創業経営者や政治家たちとひざを交えて、国の行く末について議論を重ねてきた。だが、申し訳ないが「これは」という政治指導者を見つけることができない。

今後数年で、日本の財政はギリシャのような破綻状況に陥るかもしれない。国民が塗炭の苦しみを舐めるそのときこそ、本当に国を思うリーダーが出てくるのではないかと思っている。「国民等しく幸せに住める社会」を目指し、そのリーダーを支えていくつもりである。

他方、『坂の上の雲』から学んだことは、経営とは何かという一事に尽きる。

日露戦争の山場である203高地の攻略戦。司令官の乃木希典は、実戦経験の乏しい若手参謀に作戦立案を任せて無謀な突撃を繰り返させ、2万近い戦死者を出してしまった。

そこへ名参謀の児玉源太郎が派遣されていく。作戦の問題点を見抜いた児玉は、ロシア軍のトーチカを破るには、はるか東京湾のお台場から運ばせた「大砲のばけもの」28サンチ榴弾砲を203高地付近へ移動させ、至近から砲撃を加えるほかない、という結論に至る。

だが、それは「砲兵の常識からいえば、まるで不可能のことであった」と司馬遼太郎は書いている。幕僚からは反対論が百出する。しかし児玉は、ひるむことなく「24時間以内に重砲の陣地転換を完了せよ」と命じる。そして結局は、児玉の作戦転換によって、難攻不落の203高地はわずかの期間で陥落するのだ。

私は、これこそが経営のすべてだと感じた。いまもそう思っている。

熟慮断行。断じて行えば勝つ。それ以外に勝つ見込みがないという条件なら、味方全員が反対しようと、万難を排して実行する以外ないのだ。

1980年に、1杯150円(当時)の低価格コーヒーチェーン「ドトールコーヒーショップ」を始めた。その後の主力業態である。しかし、当時はコーヒー焙煎・卸に加え、1杯300円ほどの従来型の喫茶店「カフェコロラド」を展開していた。

低価格チェーンを始めれば、従来の取引先はみな反発する。単価が安いので利益も出ない。やめたほうがいい。信頼できる友人もそうアドバイスをしてくれたし、社内も反対一色である。

しかし、低価格チェーンに進出しなければ、カフェコロラドをはじめとして社業は必ず行き詰まると私は考えていた。コーヒー豆の相場高騰や地価高騰により、1杯のコーヒーも値上げせざるをえない時代が続いた。その一方、オイルショック後の可処分所得の低下で、サラリーマンも負担なく手軽に飲めるコーヒーを求めている。だから、やるしかない。私の考えはシンプルだった。

商売と戦争とは違う。しかし、あのとき勝負に出ていなければ、売り上げ2位、利益1位のコーヒー会社に成長することはなかったはずだ。これもまた、本に学んだ大切なことだといえるだろう。

※すべて雑誌掲載当時

(面澤淳市=構成 的野弘路=撮影)