鳥取県倉吉市の歴史的町並みを仄かに照らす「山陰KAMIあかり」開催

写真拡大

鳥取県倉吉市で地元産業の因州和紙を使用したあかりイベント、「山陰KAMIあかり」が開催される。

日時は11月10日(土)18:00〜21:00まで。

場所は「山陰の小京都」と言われる倉吉市内の赤瓦・白壁土蔵群一帯。

「山陰KAMIあかり」は地域の伝統的産業である「因州和紙」を「あかり」の活用により引き立たせようというもの。

さらに、イベントやワークショップを通じて地元住民の意識を醸成し、「白壁土蔵群」など、町並みの保全につなげる狙いもある。

打吹玉川(うつぶきたまがわ)沿いに立ち並ぶ「白壁土蔵群」は江戸時代末期から昭和前期に至るまでの伝統的な町並みで、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定され、「美しい日本の歴史的風土100選」や、「かおり風景100選」にも選ばれている。

「白壁土蔵群」の特徴は、赤い石州瓦を葺いた屋根に、白い漆喰壁、黒の焼き杉板をほどこした美しいコントラスト。

打吹玉川にかかる石橋が落ち着いた雰囲気をかもしだす。

「山陰KAMIあかり」はそのような古風で風情のある街を舞台に行われる。

イベント内容は、因州和紙を使用したあかりの作品を全国公募し、その作品を町並みの中で展示、審査する「あかりアートコンテスト」。

倉吉在住の造形作家によるあかりのモニュメントの展示「KAMI像(かみかたち)」。

ほかにも和紙作家監修のもとで製作された因州和紙の25mにも及ぶトンネル「福のKAMIトンネル」や土蔵の白壁をスクリーンにして映像を映す「白壁スクリーンアート」がある。

ステージイベントや屋台も出店する。

イベントで使用される因州和紙の歴史は古く、正倉院の文書の中に因幡の国の和紙が使われていると推測されているほか、平安時代の延喜式の記録にも因幡の国から朝廷に紙が献上されたと記述がある。

時代は下り江戸時代以降は藩の御用紙として使用されるとともに、庶民が利用する紙としても生産された。