福岡県久留米市のB級グルメを味わうお供に! 「久留米焼きとりパスポート」

写真拡大

福岡県久留米市のB級グルメ、「久留米焼きとり」を一層楽しめる「久留米焼きとりパスポート」が発行中だ。

パスポートの有効期間は2012年9月8日〜2013年9月7日までの1年間。

JR久留米駅観光案内所、西鉄久留米駅観光案内所、久留米観光コンベンションなどで入手できる。

「久留米焼きとりパスポート」は、久留米焼きとりを一層楽しく、便利に味わってもらおうというもの。

パスポートには焼きとり店のデータや地図が収録されている。

また、注文する際にパスポートを提示すれば、パスポートに記載されている特典を受けられるお店もあるのでお得だ。

特典内容は生ビール1杯無料など、店により違いがある。

久留米焼きとりは、品数の多さが特徴。

鶏肉はもちろん、馬肉、豚バラ肉、牛肉、魚介類のほか、タマネギなどの野菜、巻物、ダルム(豚の大腸、小腸)や、センポコ(牛の大動脈)などの内臓ものを串刺しにし、炭火でじっくりと焼き上げる。

さらに久留米でしか味わう事ができず、柔らかい歯ごたえが特色の「久留米さざなみどり」は地元ならではの一品。

久留米市は「やきとり店密集度日本一」と言われている。

そのゆえんは、2003年に人口1万人あたりの焼きとり店の数が全国で一番多いことから、久留米市ふるさと文化創生市民協会(カルキャッチくるめ)が「焼きとり日本一」を宣言したことによる。

2005年に市町村合併により久留米市の人口は増加したが、「焼きとり日本一を宣言した街」としてPRを続けている。

久留米市の焼きとり店の歴史は高度成長時代にさかのぼる。

大手ゴム会社3社の工場が久留米市にあったことで町は賑わっていた。

ゴム工場で働く人々が開店前から焼きとり屋台に並んでいたと言われている。

焼きとり店の最古参は1963年開業した屋台だ。

さらに、仕入れを支える食肉を扱う業者が久留米に多かったのも、焼きとり店が栄える一因となった。

現在、久留米市で焼きとりを出す店は約200店舗にも及ぶ。