IMF・世界銀行年次総会にあわせて、東京都・丸の内で日本の魅力を発信

写真拡大

観光庁と三菱地所は、2012年10月9日(火)から始まる”IMF・世界銀行年次総会2012”を機に、日本を訪れる外国人に向けて日本各地の観光地の魅力をPRするキャンペーン「Japan All In」を東京・丸の内で開催する。

期間は10月8日(月・祝)から14日(日)までの1週間。

”IMF・世界銀行年次総会2012”は、10月9日(火)から14日(日)まで、東京・丸の内の東京国際フォーラムと、日比谷の帝国ホテルをメイン会場に開催。

世界188カ国から公式参加者1万人、非公式参加を含めて2万人が丸の内エリアに集まると予想されている。

また、10月1日(月)には、東京駅丸の内駅舎が復元工事を終えてオープン、9月6日には、丸ビルの建て替え10周年を迎える。

このように丸の内エリアに注目が集まる中、開催されるのが「Japan All In」だ。

日本を代表する名産品、特産物を集め、各地の観光情報を提供する全国規模の「Welcome Japan Market」を丸ビル1階「マルキューブ」で開催。

日本全国から厳選した民芸品、特産物を取り揃え、”和”をイメージしたブース装飾でライブ感を演出。

さらに、各地方からの出展者によるステージパフォーマンスやトークショーなども合わせて行う予定だ。

丸ビル1階の「丸の内カフェ・ease」では、期間中、全国から厳選した蔵元の日本酒を取りそろえた「Sake Bar」を11時00分から24時00分までオープン。

日本酒を通して訪日外国人と丸の内エリアの就業者、来場者の交流の場を提供する。

10月13日(土)には「Japan Parade」を丸の内仲通りで18時00分から19時30分まで開催。

第1部は「ドレスファッション」をテーマに、丸の内仲通りの「ビームス ハウス」「ユナイテッドアローズ」などの路面店ブランドによる”リアル・クローズ”ファッションショー。

約100メートルのランウェイを15人のモデルが華やかに闊歩する。

第2部では、全国各地から集まった地域色豊かな”祭り”や”郷土芸能”などをパレードしながら披露する。

「ドリーム夜さ来いオフィシャルチーム」や「K-one動流夢」が”よさこい”を、「梅后流江戸かっぽれ」が”かっぽれ”、「琉球舞団・昇龍祭太鼓」が”沖縄エイサー”を披露。

ほかにもさまざまなスタイルの”祭り”、”舞踏”、”衣装”、”音楽”などのパフォーマンスを丸の内で見ることができる。