100万本のサルビアが咲きほこる! 鳥取県でオータムフェスティバル開催

写真拡大

鳥取県西伯郡南部町の「とっとり花回廊」で、「さあ、彩り薫る特別な秋へ」と題して「オータムフェスティバル」が開催される。

開催期間は9月15日(土)〜11月11日(日)まで。

イベントは、サルビアの花を眺めながらの「花の丘のお茶席」、「フラワートレイン子供車掌体験」、オブジェを展示する「サルビアの丘の美術館」、サルビアの咲く花の丘をステージとした「サルビアコンサート」がある。

さらに中秋の名月と花の共演が楽しめる「十五夜・秋の特別開園」、バラ育種家による「秋バラ講演会」、イギリス出身のガーデンデザイナー、ポール・スミザー氏による講演など、バラエティー豊かな催しが予定されている。

「とっとり花回廊」では、50ha(東京ドーム11個分)という広大な場所で植物、花などを一年を通して楽しめる。

開園日時は4月〜11月が無休で09:00〜17:00(最終入園16:30)まで。

12月〜3月は09:00〜16:30(最終入園16:00)まで、毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)および12月26日〜12月31日が休園となる。

期間中のみどころは、広大な花畑に一面に広がる10万株、100万本に及ぶサルビアの花だ。

これから秋が深まるとともに、株が成長して花の密度が濃くなる。

大きな赤いじゅうたんをしきつめたような圧倒的かつ美しい風景が広がる。

みごろは11月上旬まで。

園内の「フラワードーム」から「ゆりの館」に続く東館通りのコスモスは、一般的な品種より草丈が低く花が大きい「ソナタ」、花の中心が白く、その周囲に赤紫色のリング状の模様が入り、花びらの先端部にかけて薄くピンク色になる「ハッピーリング」、花びらが貝殻のような筒状の「シーシェル」など、30種類に及ぶコスモスが100mにわたり咲き誇る。

秋のバラ園では100品種、500株のバラが美しい姿を見せる。

さらに菊のトピアリー展は日本の伝統技術、菊人形を現代風にアレンジしたもの。

アヒルやウサギなどの動物が住む西洋の農家の風景を表現する。

イベント期間中の催し物は、それぞれ開催日時が異なるので「とっとり花回廊」のHPで確認を。