アッシュペーフランスが西日本進出加速 阪急うめだで9プロジェクト

写真拡大

 アッシュ・ペー・フランスが、「阪急うめだ本店」のグランドオープンにともない、9つのプロジェクトを開始し西日本エリアに向けた勢力的な展開を仕掛ける。3つの新業態をはじめ、コーナー出店を含む5つのショップ、初上陸となるアートフェアの導入など同館を舞台に様々な企画を実施。東京を中心とするファッションシーンでファッションからインテリア、アートまで国内外の新進クリエイターの活躍を発信し続けてきた同社だが、創業からこれまで28年間に渡り培ってきた経験をもとに西日本への進出を加速させる。 アッシュ・ペー・フランスが西日本に本格進出の画像を拡大

 「阪急うめだ本店」に新業態として出店するのは、アクセサリーや服飾雑貨を月々で入れ替える「THE TRUNK(ザ・トランク)」と、大人の男女に向けてお茶や食器を販売する「H.P.FRANCE&TEA(アッシュ・ペー・フランス アンド ティー)」、ファッションとデザインの合同展示会「rooms(ルームス)」の出展ブランドを扱う「roomsSHOP DELUXE(ルームスショップ デラックス)」の3店舗。同じく「rooms」を中心とするインキュベーションプロジェクト「アクセソワール with rooms jewelry(アクセソワール ウィズ ルームス ジュエリー)」も立ち上がり、新たな取り組みとして阪急うめだ本店と恊働で新規ジュエリーデザイナーの発掘を強化。第1弾は、身体に着けることができる彫刻という考えのもと塩化ビニールやアルミを使用したジュエリーを製作する「S.NAKABA(エス・ナカバ)」が登場する。 さらに、今年3月にニューヨーク初、そして唯一の日本発コンテンポラリーアートフェアとしてアッシュ・ペー・フランスが手がけたイベント「NEW CITY ART FAIR(ニューシティ アート フェア)」を2013年4月25日から28日(予定)まで阪急うめだ本店で開催。日本とアジア・欧米からそれぞれ10のギャラリーが参加を予定しており、「コト」を発信する試みとして展開する。 その他、館内には同社を代表するヨーロッパ服飾小物のセレクトショップ「goldie H.P.FRANCE(ゴールディ アッシュ・ペー・フランス)」や、ジュエリーを通じてマリッジを提案する「H.P.FRANCE BIJOUX(アッシュ・ペー・フランス ビジュー)」がオープン。自己満足を満たして好奇心を具現化する「H.P.DECO 好奇心の小部屋(エイチ・ピー・デコ こうきしんのこべや)」も関西初出店するなど、計8つのショップと1つの初上陸イベントで西日本に向けたライフスタイルの提案を図る。■H.P.FRANCE(アッシュ・ペー・フランス) URL:http://www.hpfrance.com/