転職エージェントをしていると、「(エージェントは)何が何でも個人の方を転職させようとする」と思っている方がたまにいらっしゃるようです。しかし、決してそんなことはありません。

 誤解を恐れずに申し上げると、むしろ「転職したい!という人に良い人はいない」と、エージェント仲間ではよくいわれています。「転職したい!」という人たちの多くは、何か今より良い理想の会社があって、そこに転職してキャリアアップしたいという考えを持っているように感じます。しかし、実際にはそんな“理想の会社”などありません。

 ですから、転職エージェントが個人の方に「実際に転職しないほうが良いと思います」とはっきりお伝えすることももちろんあります。では、実際に今の会社を辞めてはいけない人は、具体的にどんな人でしょうか?

とにかく安定志向の人

 公務員的な体質のある財団法人や古くからある伝統的な会社、あるいはなんらかの強みや特徴があり、業績も悪くない会社に勤めている一方、仕事は面白くないという人が結構な数いらっしゃいます。また、給料も良くはないが、悪くもないという人も多くいらっしゃいます。

 そういう方が同窓会や飲みなどで、大学時代の友人に会ったりするとしましょう。大学時代には大して目立ってもいなかった同期が、自分より給料をもらっていたり、キラキラと輝いて仕事をしていたりすると、ついつい彼らの影響を受けたり、いいなと思ったり、悔しいと思ったりすることがあります。

 しかし、だからと言って安易に転職を考えるべきではありません。新卒で10年以上同じ会社におり、35歳を過ぎていれば、急激に職場環境が変わることはかなりストレスになります。特に、安定している会社が良いと心底思っているタイプの人は、転職にはリスクがゼロということはありませんので、慎重に行動すべきでしょう。

毎日定時に帰っている人

 毎日定時に帰っているのは何も悪いことではありません。はやく帰っているのは、仕事ができるからという人ももちろんいます。しかし若い頃から常に定時帰宅で、しかも朝早くきているというわけでもないといった少々楽をしているというタイプの方がいます。今時こんな会社あるのか!?と思われるかもしれませんが、日本は広いもので、時間的に楽な会社は未だに存在します。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)