ブロガー、プログラマー、投資家
小飼 弾
1969年生まれ。96年ディーエイエヌ有限会社設立、99年オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)CTO(取締役最高技術責任者)。著書に『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』『弾言』など。

写真拡大

シンプルでロジカルな文章は、実は理数系人間が得意とするところ。新発想の文章術をプロが指南。まずは長文との決別から始めよう。

■小飼弾式文章術

本は読みたくなったときが読みどきです。義務的に読む本ほどつまらないものはない。読書は快楽であり、遊びの一つです。ただ、そうした読書で得た知識や思考力は自然に自分の力になり、結果的に文章を書くときにも活かされます。

本への興味を高めるために、自ら情報断ちをして情報への飢餓感を煽ってもいいと思います。とくにテレビは情報のファストフードで、何も考えずに見ているとすぐ“情報メタボ”になる。テレビを見ないと決めるだけでも、本に手が伸びる機会が自然に増えるでしょう。

本は気の向くままに選べばいいと思いますが、大人になってからではないと読み込めない本の一つが古典です。

子どものころに『百人一首』を覚えた人は多いかもしれません。しかし、その内容を理解できたのは、おそらく大人になってからでしょう。古典を理解するには教養が必要です。古典を読むから教養が身につくわけではなく、教養があるから古典を読めるようになり、それがまた教養をつくるのです。

重要なのは、古典はテキストを切り取って読んでも、あまり意味がないという点です。古典は最初から古典であったわけではなく、著者が同時代に生きる人に向けて書いた作品です。つまり、どのような時代のどんなときに誰に向かって書かれたのかというコンテキスト(背景や文脈)を理解してこそ、はじめて古典を深く読み込み、自分のものにすることができるといえるのです。

■鎌田浩毅式文章術

文章に深みを加える事例やデータが欲しいとき、本は大切な情報源になります。このとき一冊を最初から最後までじっくりと味わうのは文系人の発想です。理系人なら目次に目を通してから、必要なところだけを効率的に読むでしょう。

ただ、即戦力の本ばかり読んでいると、自分の中にある知識の泉が枯れてしまいます。直近のアウトプットを念頭に置いて読む本は8割程度に抑え、2割程度は将来のための自己投資として古典を読むべきではないでしょうか。

古典は「解説」から読むことをおすすめします。古典を理解するうえで重要なのは、歴史上の位置づけです。どのような時代に生まれて、その登場によって人間の見方・考え方にいかなる影響を与えたのか。そうした背景がわかれば、本文の理解も早く進むはずです。

内容が難しいと感じたら、本棚に積んでおくだけでも十分です。いま内容を理解できなくても、10年、20年後、自分の置かれた状況が変わることで、突然、合点がいくことがあります。幸い、古典は時間を経ても腐りません。読みたくなったときすぐ手に取れるよう自分の本棚に常備しておくことが大切です。古典は引用の即戦力としても魅力的です。

いまも読み継がれる古典には、時代を経ても錆びない普遍的・本質的な言葉が書かれています。少なくとも多くの人が古典をそのように捉えているため、引用によって文章に一種の権威を与えることもできます。私はこうした引用テクニックを「虎の威を借る法」と呼んでいます。虎が強いほど効果は大きいのです。

(村上 敬=構成 相澤 正、熊谷武二=撮影)