かっこいいのに彼女なし!残念イケメンにありがちな特徴・5選


顔はかっこいいのに、なぜかずっと彼女がいない男の子っていますよね。そんな彼らにはいくつかの共通する特徴があることがわかりました。





悪い人ではないのですが、やはり一癖ある彼を好きになってしまったとき、一体どんなふうに対処していけば良いのでしょうか?





「かっこいいのに彼女がいない男の子」を友人に多く持つ著者がレクチャーします。



■特徴1.毒舌



思ったことをズバズバ言ってしまう、毒舌な人が多いです。



そこまで悪気があるわけではないのですが、周囲が思わずちょっと引いてしまうほどの毒を吐くことも多々…。



<対処法>



一緒になって毒舌合戦を繰り広げてしまうのはNG。



聞き役になり、「まあまあ」といさめてあげるのが彼のため。言い過ぎを防いであげましょう。



「あっちにも事情があったんだよ」とまるく収めてあげることで、パートナーとしての足場をかためていけます。



■特徴2.仕切り下手



マイペースなためか、仕切るのがとにかく下手です。



彼が指定した待ち合わせ場所に行っても、メンバーがそろわなかったり、連絡が行き違っていたり…。



仕切ろう!というアツイ気持ちがそもそも稀薄なので、デートの約束をしても「で、どこ行こうか?おれなんも考えてなかったんだけど」と平然と言ってのけます。



<対処法>



待ち合わせや飲み会の仕切りはあまり任せないほうがいいかも。



約束は基本的に忠実に守ろうとしてくれるので、仕切り役さえ任せなければいいのです。



■特徴3.プライドが高い



自分の趣味や容姿などについてからかわれたりすると、笑って流すことができず腹を立ててしまいがち。



自分を大切にする気持ちから、恋愛においても一歩踏み出すことをちゅうちょします。



<対処法>



「○○くん、すごいね」という言葉が効果てきめん!



とにかくよく褒め、けなしたりからかったりしないようにしましょう。



周囲のひとがそんな素振りを見せたときには、さりげなく話題を変えるなどの配慮ができればさらに◎。



踏み込んではいけない一線をよく見極め、言って良いのか迷ったことが言わないほうが良いです。



■特徴4.すぐにあきらめる



「もうこの授業の単位はいいや」「行ってもどうせ混んでるから行くのやめよう」など、何かをあきらめるのがとても早いです。



食らいついていかない淡白さが、恋愛においても大きな影響を及ぼしているようです。



<対処法>



なるべくならそういった部分も理解してあげたいところですが、時には背中を押すことが必要なときも。



もう少し頑張ったほうが良いときは、多少おせっかいに思えても口を出したほうが彼のためです。



■特徴5.ハマったことは一直線



音楽やアイドルなど、何かひとつにハマってしまうとがっつりのめりこみがちです。



学業やバイトを犠牲にしてでも趣味に走り、自分のワールドをしっかり持っています。



<対処法>



ハマりすぎて周りが見えなくなっていることも多々あるので、適度なブレーキ役になってあげると良いでしょう。



でももっとも大切なことは、彼の一番の理解者になってあげること。



大好きなことを持っている彼を、趣味ごとふくめて理解してあげれば、きっとその気持ちに応えてくれるはずです。



■おわりに



いかがでしたか。



「いろいろ残念だけど、そんな彼のことがやっぱり好き!」



何よりもその気持ちを大切にして、すてきな関係を築いていってくださいね。



(lemon/ハウコレ)