(社)日本インテリアファブリックス協会では、「JAPANTEX2012」(会期:11月14日(水)〜16日(金)/会場:東京ビッグサイト東ホール)のセミナー企画を順次発表しているが、このほど「最新福祉施設紹介&英国インテリアビジネス最前線」と「生活者視点から見るリフォーム事情〜インテリア業界の課題と期待〜」の2セミナーの詳細を発表した。

「最新福祉施設紹介&英国インテリアビジネス最前線」は、恒例の町田ひろ子セミナーの第3弾。今年のテーマは、高齢化社会を迎えて「住まいにおける福祉の在り方」を、最新の福祉施設への納入事例を通して紹介しながら、英国インテリアビジネスの情報についても語るというもの。
会期初日の11月14日(水)13:45〜14:45に行われる。受講料無料。

一方の「生活者視点から見るリフォーム事情〜インテリア業界の課題と期待〜」は、情報の受発信基地として生活者と密接に結びつき、業界とのパイプ役として機能しているリビングデザインセンターOZONEの塚本文雄館長が、豊かな経験と実績や数多い調査結果を通し、インテリア業界の課題と期待を語る。
会期2日目の11月15日(木)11:30〜12:30に行われる。受講料無料。