畑村洋太郎さん愛用のレポート用紙。「同じことを2度書かない」というルールを決め、必要に応じてコピーを切り貼りしている。

写真拡大

書くことで「思考のタネ」がつくられる! 畑村創造工学研究所代表の畑村洋太郎さん、経営コンサルタントの小宮一慶さんが明かす目標具現化への必須テクニックとは――。

「ノート術の達人」というと、機能的なメモ帳に、話の要点をもらさず、見栄えよく書き留める人を想像するかもしれない。だが“メモを取る”という作業に、必要以上に必死になるのは考えものだ。

「そういう人は手段が目的化しているんですよ。書き留めたことを仕事に活かすのが本来の目的。メモを取ることに一生懸命になるよりは、相手の話をちゃんと聞いたり、じっくり観察したほうがいいですね」と、畑村創造工学研究所代表の畑村洋太郎さんは話す。

畑村さんの考えるメモとは、単なる備忘録ではない。重きを置くのは、自分が見たもの感じたものを「キーワードとして書き出すこと」。メモするという行為は、思考を深めるプロセスの一部なのだ。

専門である失敗学の研究のため、工場や災害の現場に足を運ぶときも、技術的な事柄を除いて、その場ではメモは取らない。「そんなの時間のムダでしょう。写真も必要以上は撮りません。それよりも、自分の目であちこち眺めて、脳に印象を植えつける。写真に依存すると『あとで写真を見て確かめればいいや』と思ってしまいますからね」。

そして1週間ほど経ってから、見てきた内容のキーワードを抽出する作業に移る。このとき、はじめて言葉に書き起こすのだが、考えを深める過程で余分なものはそぎ落とされ、純化されている。このキーワードが、のちに「見学記」をまとめる際の「思考のタネ」になるのだ。

写真も同様で、撮ったものをじっくり眺めているうちに、撮影時には気づかなかったことが「見えてくる」。「まさに『眼光紙背に徹す』。着目すべきポイントが浮かび上がってくるんです。それをキャプションとして写真に書き加えることで、記録が立体的になります」。

理解したものを図や絵で表すことも欠かせない。こうして2、3週間かけて検証を重ね、「考えをつくっていく」のだ。文章にまとめるときは、抽出したキーワード(タネ)をくくって上位概念を導き出し、それを結びつけて全体像を描く(構造化)。この編集作業を経て、畑村流ノート術の集大成ともいえる「見学記」が出来上がるのである。

「構造化するとき、思考展開図をつくってスタッフとディスカッションをすることもあります。いわば“知的なチャンバラ”。そうやって試行錯誤を繰り返すと、いいものができる。自分の頭の中を覗くようなものだから、あまりいい気持ちはしませんけどね(笑)」

見学の印象記は40年にわたって書き溜めていたが、完成度が低く、「全体像をもっとしっかりつくらなければもったいない」と思うようになった。そこで10年ほど前から、現在のような形で「見学記」をまとめるようになったという。「物事の科学的な理解には、要素の摘出とその構造化が必要。そこでキーワードの書き出しが重要になるんです」。

経営コンサルタントの小宮一慶さんの場合は、もっと気軽にメモを取る。自称「メモ魔」。手帳や宿泊先のホテルの便箋など、手近なものに、思いついたことをすばやく書き留めるのだ。

「新しい企画や、連載中の記事のアイデアなどは、散歩中にひらめくことが多い。なので、忘れないうちにキーワードだけメモしておくんです」

歩いたり、場所を変えることが脳を刺激し、ひらめきを生む。その機会を逃さないため、メモは必携である。

取材を受けるときや編集者との打ち合わせには、切り離して好きなところに挟める小型のレポート用紙を持参する。

「質問に答えるうちに、頭の中が整理されてすっきりすることがあるでしょう。一見関係のない事柄が結びついて『あぁ、そういうことか』とわかる。こうした気づきを書き留めておくと役に立ちます」

最近は、出版企画用のノートも持ち歩いている。ビジネス書でベストセラーを連発する小宮さんには、執筆の依頼が引きも切らない。以前は手帳のうしろのメモ欄を使っていたが、さすがに間に合わなくなって専用のノートをつくったのだ。

ノートを開くと、各見開きに「数字に強くなる」「新聞の読み方」といったテーマが書かれている。章タイトルのようなものが書き込まれたページもあれば、大小さまざまなメモが挟まれているだけのページもある。某社の取締役会の議案書の裏に走り書きしたメモも。関連データなど、思いついたことがあれば随時書き加えるが、すでに出版された企画のページの書き込みはそれほど多くない。

書籍の企画としては大雑把な気もするが、「これだけで十分1冊書ける」とか。

「普段から、それぞれの項目について講演で話していますからね。逆に言えば、新たに勉強しなきゃいけないようなテーマは本にしません。学生のレポートじゃないんだから、読者に失礼でしょう」。頭の中にしっかりと入っているから、手がかりとなるキーワードさえあれば、苦もなく中身が引き出せるのだ。

会議の内容を記録するときも、メモするのはポイントだけである。「本質を捉えているから、ポイントがわかる。若い人がやたらとメモを取るのは、ポイントを見極められないため。でも、若いうちは仕方がない。僕にもそんな時期がありましたよ」。

(ノンフィクション作家 梶山寿子=文 澁谷高晴=撮影)