両者揃って、一貫して落ち着き払っていたジョン・ジョーンズとヴィトー・ベウフォート (C) UFC

写真拡大

21日(金・現地時間)、22日(土・同)にトロントのエアカナダ・センターで開催されるUFC152「Jones vs Belfort」の公開計量が行われた。シャーウス・オリヴェイラ以外のファイターが計量をパスしている。

ファンの声援が一際大きくなったのはラスト3試合に出場する選手がステージに現れた時。マイケル・ビスピン×ブライアン・スタンの英米対決にカナダのファンは、ビスピンにブーイングを送った。気合が入りまくった両者は、ダナ・ホワイトが間に入っても額をつけて睨みあう。ただし、乱闘に発展するような雰囲気ではなく、ビスピンが右でビスピンをボディを小突いても、すぐに堅く握手し合うなど、互いが互いを鼓舞しあっているかのような気合の入り方だった。

続いて計量に臨んだのは、初代UFCフライ級王座を争うデメトリウス・ジョンソンとジェセフ・ベナビデスの両者。ベナビデスの頬のこけかたが尋常でなく、とてもナチュラル・ウェイトでの戦いとは思えない。そんなベナビデスと戦うことに対しジョンソンは「彼のような優れたファイターとフライ級王座を懸けて戦えることは、とても光栄だ。自分を試す試合になる」と語る。

対してベナビデスは「長い間、この機会を待っていた。皆が忘れないような試合になることを約束する。デメトリウス・ジョンソンは素晴らしいファイターで、最高の2人が戦うんだから、さっきも言ったようにファンの皆が忘れらない試合になる」と、計量後のコメントとしては、珍しく長めの談話を残した。

メインのUFC世界ライトヘビー級選手権試合に出場する王者ジョン・ジョーンズの入場時に、トロントのファンは『ヴィトー・コール』を贈る。やはりUFC151キャンセルの戦犯扱いとなっているようだ。そのジョーンズは、計量を終えると一瞬、間を置いておどけたような表情でダナと握手、ダナも笑顔を浮かべて手を差し伸べていた。

苦戦が予想されるチャレンジャー、ヴィトー・ベウフォートは「まず、MMAの今日を創ってくれたファンの皆に感謝している」と述べ、続けて「ジョン・ジョーンズこそ、新時代のMMAを象徴するファイターだ。明日は老いたライオンがオクタゴンに入る。自分の挑戦を受けてくれた彼と、機会を与えてくれたUFCに礼を言いたい」と落ち着いた口調で話した。

一方、ブーイングを受ける王者は、「ヴィトーは世界のベストの一人。彼と戦うことにエキサイトしているし、ベストを尽くす」と、通り一辺倒のコメントを残してステージを後にした。ファンの対応を楽しむような顔を見せていた王者ジョーンズだが、その実、心中穏やかではないかもしれない。

計量結果&詳細はコチラ