●天叢雲劍

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©丈月 城・シコルスキー/集英社・「カンピオーネ!」製作委員会

TVアニメ「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」が下記の放送局で放送されています。

TOKYO MX 2012年7月6日(金)より 25:00〜25:30
サンテレビ 2012年7月9日(月)より 24:35〜25:05
テレビ愛知 2012年7月11日(水)より 26:00〜26:30
BS11 2012年7月13日(金)より 24:00〜24:30
AT-X 2012年7月6日(金)より 23:30〜24:00
リピート・毎週火曜日17:30〜18:00/29:30〜30:00、
毎週金曜日11:30〜12:00(初回の翌週)

<キャスト>
草薙護堂:松岡禎丞
エリカ・ブランデッリ:日笠陽子
万里谷 祐理:花澤香菜
リリアナ・クラニチャール:喜多村英梨
清秋院 恵那:斉藤佑圭
アテナ:小倉唯
甘粕冬馬:松本忍
草薙静花:日高里菜
ルクレチア・ゾラ:田中敦子
アリアンナ・ハヤマ・アリアルディ:三澤紗千香
ウルスラグナ:皆川純子
カレン・ヤンクロフスキ:佐藤奏美
メティス:石原夏織

●ストーリー
イタリア・サルデーニャ島に降り立った少年・草薙護堂。彼は祖父の使いとして、不思議な石版「プロメテウス秘笈」を届けに訪れたのだ。そこに真紅のドレスの美少女・エリカ・ブランデッリが現れ、石版を渡すよう要求。二人が言い争う中、突如咆哮が上がり、神話から抜け出したかのような巨大な猪が出現する! 暴れる猪を前に絶体絶命の護堂たち!そこに今度は巨大な竜巻が発生し、猪を消し去ってしまった。茫然とする護堂にエリカは、彼らが災厄をもたらす「まつろわぬ神」であり、石版はその縁の魔術書であることを告げる。そして強引に護堂の旅路への同行を決めるのであった…!(第1話から)
●エリカ様、異世界で清秋院 恵那と戦う!
異世界に入り込んだエリカ様、続いて異世界に入り込んだ清秋院 恵那と戦います。

※同じ異世界では草薙護堂とスサノオが出会います。スサノオは引退した身でただ清秋院 恵那を見守るのみですが…。

清秋院 恵那は宝剣「天叢雲劍」を使用し、その妖力によってエリカ様の魔力を吸収してしまいます。それによってエリカ様は窮地に陥ります。
●清秋院 恵那の正体?
一方、現実世界にいるリリアナと万里谷 祐理は漸く草薙護堂のいる異世界を特定し、その場所へ移動しようとします。しかしながら、現実世界も少々厄介な事になっているようですが…。

エリカ様は重篤で身動きが出来ない状態、そこに草薙護堂が駆け付けます。そこにいた清秋院 恵那、実は宝剣「天叢雲劍」が変化したものだったのです。ここでの勝負は一時保留となりますが…。

重篤のエリカ様を救うためスサノオの元へ行こうとする草薙護堂は空間移動の術を使おうとします。ところが正確な場所のイメージが出来ないがためスサノオの元へ辿り着けません。

※エリカ様の運命や如何に?
●草薙静花、アテナに問う!
草薙護堂の妹である草薙静花はアテナに兄の事を問います。

アテナ「彼には私の全てを見られた、そんな気がするのです…。」
アテナ「私の好みは草薙護堂に焼かれたもの…。」
アテナ「そして、彼の力強さは私の胸を貫いたのです。」
アテナ「故にこそ私は草薙護堂を求めているのかもしれません。」


この台詞を聞いた草薙静花、兄である草薙護堂とアテナとの関係をどう解釈したのでしょうか?

※草薙護堂、もてもて。

世界各地での異常気象がTVで放映されます。そして次の瞬間、アテナは何処へと姿を消します。
●エリカ様の遺言
自らの死を悟ったエリカ様は草薙護堂に対して遺言を残します。普段は気丈な彼女が涙しながら息も絶え絶えに話す言葉、それは彼の心を打ちます。

そして草薙護堂はエリカ様にキスをします。それは激しいキスですが…。

草薙護堂はエリカ様の死を受け入れられずにいると、彼の意識体はウルスラグナの元へ行き、そこでウルスラグナの力を得る事となります。
●ウルスラグナの力
草薙護堂はエリカ様に対して激しいキスと共にウルスラグナの力を注ぎ込みます。そしてエリカ様は草薙護堂と結ばれ死を回避する事となります。

※ここではエリカ様の全裸シーンやディーブキス等もあったりします。

天叢雲劍に吸収された清秋院 恵那、復活したエリカ様は天叢雲劍と戦う事になり、草薙護堂は清秋院 恵那を救出することにします。

草薙護堂に救出された清秋院 恵那ですが…。何と清秋院 恵那は一糸纏わぬ姿!

※直ぐに制服姿に戻りますが…。
●もう一人のアテナ
リリアナと万里谷 祐理も駆け付けますが、今度は何故かアテナらしき少女が天叢雲劍を吸収します。

ところがもう一人のアテナ(本物)もやってきます。

実は天叢雲劍を吸収したのはメティス。もう一人のアテナとも言うべき存在なのです。

今回はシリアスなのに全裸祭りでキャッキャウフフだった「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第11話「清秋院 恵那、恋人宣言!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第10話「リリアナのファーストキス!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第9話「リリアナ、彼女の本心」(ネタばれ注意)
【アニメ】「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第8話「みずぎおんせんあてなりりあなななぺるせうす」(ネタばれ注意)
【アニメ】「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第7話「万里谷 祐理のキス」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」TVアニメ公式Webサイト
「カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」AT-X公式Webサイト