フォルクスワーゲン、全長約3.5mのスモールカー「up!」を発売

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは10月1日、同社で最もコンパクトなスモールカー「up!」(アップ!)を全国の正規ディーラーで発売する。

従来の同社ラインナップで最も小さかったのは「ポロ」だが、「up!」は「ポロ」よりも全長が450mmも短い3,545mm。

全幅も35mm狭い1,650mmとなっている。

このコンパクトボディでもタイヤを四隅に配することで室内空間を確保。

同社では、「オリジナルビートルと同様に大人4人と小旅行の荷物を搭載するラゲージスペースを確保した」としている。

ラインナップはスタンダードモデルの「move up!」と、装備の充実した「high up!」があり、「move up!」は2ドアと4ドアが選べる。

「high up!」は4ドアのみ。

エンジンはいずれも999ccの直列3気筒を搭載する。

このエンジンは「up!」のために新開発されたもので、最高出力は75PSと、このクラスではきわめてパワフル。

同時に燃費性能にも優れ、やはり新開発の5ASGとの組み合わせでJC08モード燃費は23.1km/リットルとなっている。

高級車並みの安全性も「up!」の大きな特徴のひとつ。

同社では全車種に標準装備しているESPやフロントサイドエアバッグはもちろん、このクラスの車としては初となるシティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)を搭載する。

さらに、ボディに軽量化と高剛性を両立させる熱間成型鋼板や超高張力鋼板を多く採用。

車重900kg(2ドア)と軽量ながら、 Euro NCAP衝突安全テストにおいて最高となる5つ星を獲得した。

価格は「move up!」の2ドアが149万円、4ドアが168万円、最上級グレードの「high up!」が183万円。

充実した装備を採用しながら、国産のハイブリッドスポーツカーや高級軽自動車と競合しうる戦略的な価格としている。

さらに、同社ではこの「up!」の販売を記念して、購入プラン「GET up!」も設定。

このプランは輸入車を初めて購入するユーザーの不安を払拭するもので、「GET up! Smile」「GET up! Easy」「GET up! Anshin」の3タイプがある。

「GET up! Smile」は現金で97万円を支払う1回払いの残価設定ローン。

3年後に車両返却となるが、買取保証がつくため、思わぬ追加料金は発生しない。

「GET up! Easy」は同じく残価設定ローンだが、頭金を45万円とし、毎月の支払いは3,800円と非常に低く抑えている。

もちろん買取保証付きだ。

「GET up! Anshin」は残価設定ローンに加えて、3年もしくは5年の無料メンテナンスを僅かな費用で受けられる安心のプランだ。