『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は”究極のジョジョゲー”となりえるのかッ! - TGSの奇妙な発表会まとめ

写真拡大

バンダイナムコゲームスは20日、「東京ゲームショウ2012」の同社ブースのステージイベントで、プレイステーション3にて2013年に発売が予定されている『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』『ジョジョの奇妙な冒険』連載25周年記念発表会を開催した。

本記事では、大盛況となった『ジョジョ』ステージの発表内容をお伝えしたい。

ステージには、バンダイナムコゲームス『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』のプロデューサー新野範聰氏と、現在、荒木飛呂彦氏が『ウルトラジャンプ』にて連載している『ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン』編集担当の集英社・山内智氏、そして本ゲームの開発元であるサイバーコネクトツーのディレクター松山洋氏が登壇。

プロモーションムービー第2弾、ゲームの声優キャスト、ゲームシステムなど新情報が続々と明らかとなった。

岸辺露伴に扮して異様な雰囲気を漂わせていた松山氏は、登場するなり”ジョジョ立ち”をきめ、開口一番で「こんなに楽しい仕事があっていいのか! そういうノリでやっています!」と興奮が抑えられない様子。

また、山内氏は荒木氏からの「ゲームをしている人を見て思うのは、ゲームっていろんなところが頑丈にできているなということ。

こんなに激しいバトルをやっても壊れないんだから」というメッセージを読み上げれば、松山氏も「ゲームはクレイジーダイヤモンドと同じくらい砕けないですからね! ちっぽけな根性が実にタフです!」と見事な”ジョジョ語”で切り返す。

終始このようなテンションでステージは進んでいった。

まず、今回新たに発表されたPV第2弾では、空条承太郎、ジョセフ・ジョースター、ワムウ、ジャイロ・ツェペリの4人がボイス付で登場し、新たに花京院典明、ジャン=ピエール・ポルナレフ、ジョルノ・ジョバァーナ、グイード・ミスタの参戦も確定。

ムービーのラストでは、ジョルノのスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」が矢に貫かれ「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」に進化するシーンも描かれていた。

そして、気になる声優陣がここで明らかとなる。

現時点で確定しているPart1〜Part7、各作品からの参戦キャラと声優は以下のとおりだ。

ジョナサン・ジョースター(CV:興津和幸)ジョセフ・ジョースター(CV:杉田智和)ワムウ(CV:大塚明夫)空条承太郎(CV:小野大輔)東方仗助(CV:羽多野渉)ジョルノ・ジョバァーナ(CV:浪川大輔)空条徐倫(CV:沢城みゆき)ジョニィ・ジョースター(CV:梶裕貴)ジャイロ・ツェペリ(CV:三木眞一郎)松山氏は『ジョジョキャラクター』に命を吹き込むべく、キャスティングには特に時間を割いたといい「お一人お一人がぴったり。

おかげでキャラクターがすぐそこにいるかのような出来になった」と太鼓判。

また、3DCGグラフィックについては、各Partによってさまざまに変化する荒木氏の絵のタッチも”自分がジャンプで読んでいた時のジョジョ”が想起できるように再現されているという。

松山氏はこれらの要素を含めた”ジョジョ・ワールド”の構築について「名シーン、名ゼリフ、名擬音、名ポーズ」の4つを挙げている。

シェーディング技法は「ジョジョ・シェーディング・レクイエム」と名づけるほどのこだわりようである。

来場者もうなづきで絶賛の意を表現していた。

そして、ゲームシステムについては「ハートヒートアタック」という必殺技に加え、「グレートヒートアタック」というさらに強力な必殺技が明らかとなった。

「ハートヒートアタック」は体力ゲージの下にある「ハートヒートゲージ」を1つ、各キャラに1つ用意されている「グレートヒートアタック」はゲージを2つ消費。