廃タイヤチューブをリユースしたアイテムを展開「SEAL」から長財布が登場!

写真拡大

モンドデザインはこのほど、日本初の廃タイヤチューブをリユースしたバッグ・スニーカーなどをメンズ中心に展開する「SEAL」ブランドから、強度と防水性を保ちつつ軽量化を実現したバイカラーの長財布「ロングウォレット bi-color」を発売した。

この新ウォレットは、主要素材に大型トラックの使用済みタイヤチューブをリユース。

内部は流行のバイカラー仕様になっており、本革をていねいに染め上げ、発色の良さを実現した「クロムイエロー」「バーミリオン」の2つをカラーを採用した。

新たにタイヤ素材をすいて薄くするという工程を開発・採用しており、素材本来の強度や防水性を損うことなく、財布に必要な軽さを実現。

国内職人の緻密な縫製作業も可能となり、高い技術が凝縮されたアイテムとなった。

表面に採用しているタイヤチューブ自体の衝撃性や防水性が内部を保護するだけでなく、傷や汚れにも強いので長く使用できる。

この「タイヤチューブをすく」という工程は非常に高度な技術が必要で、製造できる場所が限られているため、初回は各色限定50個の販売を行い、順次追加生産を行う予定だ。

現在、「SEAL」表参道本店とオフィシャルオンラインストアにて販売中。