【男性編】「これをしたらスタイルがよくなるんだろうな」と思いつつできないことランキング


わかっていてもなかなかできない





忙しい毎日。ボディの維持はつい二の次にしてしまいがちです。そんなに専門的なことをしなくも、ちょっとしたことでも効果があるんだろうなあと思いつつ、できないですよね。そこで、「これしたらスタイルがよくなるんだろうな」と思いつつできないことについて、男性392名にうかがいました。さあ、今日からモチベーションをアップです!





Q.「これをしたらスタイルがよくなるんだろうな」と思いつつできないことを教えてください(複数回答)

1位 食生活を意識する 32.6%

2位 エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う 26.8%

3位 ストレッチや筋トレなど軽いエクササイズをする 23.7%

4位 スポーツジムに通う 20.7%

5位 電車の中での姿勢を意識する(立つ、背筋を伸ばして座るなど) 11.2%







■食生活を意識する

・「食生活が不規則なので、なかなか規則正しくはできません」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「でも、ついついラーメン食べちゃう」(27歳/運輸・倉庫/技術職)

・「モデルさんはいつでも気にかけている」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)





■エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う

・「どうしても楽な方にいきたくなる。一瞬行きかけてやめてしまう」(24歳/電力・ガス・石油)

・「しかし、仕事中はやる気がおきず、エレベーターを使いまくります」(33歳/機械・精密機器/営業職)

・「しなくなって、体重が増えたから」(28歳/自動車関連/技術職)





■ストレッチや筋トレなど軽いエクササイズをする

・「運動すれば良いのはわかっているが、それができない」(28歳/自動車関連/技術職)

・「家に帰ると疲れてやる気になれない」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「身体を動かしたり、姿勢に気をつけているといいと思う」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)





■スポーツジムに通う

・「スポーツするといいだろうなと思いつつ、あまりする気がない自分がいる」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「効率的に体を引き締められそうだが、高いし近くにないから」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「自分を追い込む環境に置けばいいと思うが、なかなかできない」(29歳/生保・損保/事務系専門職)





■電車の中での姿勢を意識する(立つ、背筋を伸ばして座るなど)

・「常時意識していないとなかなか直らない」(28歳/その他)

・「なかなかできないことだから」(47歳/その他/事務系専門職)

・「よい姿勢になりそうだから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)





■番外編:気持ちだけはあるんです!

・甘いものを控える「自分がいつもダイエットを挫折するポイントです」(29歳/学校・教育関連/営業職)

・スタイルのよい友人と一緒に行動する「真似すればよくなるけど並びたくない」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・飲みすぎない「控えようと思いつつ、どうしても酒好きで抑えが効かない」(40歳/機械・精密機器/技術職)





総評

栄えある1位に輝いたのは「食生活を意識する」でした。カロリーが気になりつつも、コンビニ弁当やインスタント食品など、つい楽なものを選んでしまいますよね。かっこいいボディは中身から。食生活を改善するのが、一番の近道だと考えている人が多いようでした。





2位は「エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う」です。毎日、通勤のたびに、あるいは社内を移動するたびに、意識のどこかにのぼっても、つい気づかなかったことにしてしまいますよね。とくに疲れているときには、便利なほうに流されてしまいます。



続いて、「ストレッチや筋トレなど軽いエクササイズをする」が3位に入りました。ちょっとした隙間時間や、少しずつの積み重ねが大事。わかっているけれど……というコメントが多く寄せられました。





どうしても運動不足になりがちな現代のライフスタイル。ちょっとした運動をクセにするのが有効だということは誰もがわかっています。言うは易く行うは難し。将来メタボボディにならないために、ここは心を鬼にして、けれどもたまには怠けつつ、頑張りたいものです。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年7月23日〜2012年7月28日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性392名

調査方法:インターネットログイン式アンケート