デヴィッド・リンチの大規模展覧会 ラフォーレ原宿で開催

写真拡大

 David Lynch(デヴィッド・リンチ)の大規模展覧会「ヴィッド・リンチ展 〜暴力と静寂に棲むカオス」が、11月10日よりラフォーレミュージアム原宿で開催される。新作絵画やドローイング、写真などのアート作品と実験的な短編映画、全80点を展示・上映。"鬼才"と呼ばれるDavid Lynchの表現世界の本質に迫る。 ヴィッド・リンチ展原宿で開催の画像を拡大

 本人のサポートのもと開催される「ヴィッド・リンチ展 〜暴力と静寂に棲むカオス」では、絵画32点、ドローイング9点、写真34点、計75点のアート作品のうち72点が日本初公開。また映像作品においても、5本の短編映画のうち、1本が日本初上映となる。会場は、絵画作品の展示スペースと仮設のシアターを入れ子構造に組み入れた迷宮のような構成。絵画と映画という既成の枠組みを取り払い、David Lynchが一貫して描き続けている"深層心理の潜在的ヴィジョン"にアプローチする。 David Lynchは、社会現象を巻き起こした「ツインピークス」(1990年 -91年)をはじめ、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した「ワイルド・アット・ハート」(1990年)、同じくカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した「マルホランド・ドライブ」(2001年)、 2007年度全米批評家協会賞実験的映画賞を受賞した「インランド ・エンパイア」(2006年)などで映像監督として知られている。一方でアート作品も高い評価を得ており、フランスのカルティエ現代美術財団やドイツのマックス・エルンスト美術館で大型の個展を開催。2010年には今までの長年にわたる創作活動の業績を称えられ、美術界において権威ある「Goslar Kaiserring award for 2010」を受賞している。 ■ヴィッド・リンチ展 〜暴力と静寂に棲むカオス会場:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)会期:2012年11月10日(土)〜12月2日(日)入場 :一般 800円 学生 600円 ※小学生以下およびラフォーレカード会員は無料時間:11:00~20:00(最終日~18:00)お問合せ:03-3475-0411(ラフォーレ原宿) ウェブサイト:http://www.laforet.ne.jp