埼玉・熊谷、日本一暑い町に学ぶクールな暑さ対処法

写真拡大

そろそろ秋の気配…といいたいところだが、いまだ猛暑に終わりの気配は見えず。

まだしばらくは暑い日が続きそうだ。

今年も日本で一番暑い町としてニュースをにぎわせてくれた熊谷。

8月末になっても猛暑日(最高気温35℃以上)が続いていたこの町では、暑い日々を快適に乗り切るためにどんなことをしているのか? 激アツ熊谷に突撃してみた。

ちなみに熊谷の気温が高いのは、東京都心部のクーラーが影響しているとか。

温熱やアスファルトの照り返しで生まれた熱い空気が、東京湾の海風に乗って内陸部へ吹き込む。

熊谷周囲は秩父山脈に囲まれているため、吹き込まれてきた熱がこもりやすいようだ。

暑さ日本一の実力を知るには、まずは街を歩いてみよう! ということで出発。

熊谷駅から1〜2分歩くと、早くも地面の照り返しでジリジリと暑さを実感。

体感温度はぐんぐん上昇していく。

駅前商店街を歩いているとベンチを発見。

このベンチは一体どのくらいの温度になっていることやら…。

ということでいったん駅に引き返し、100円ショップで温度計を購入した。

ベンチに戻り、早速温度計をセットすると、すでに38度弱を表示。

撮影している間にもどんどん上昇を続け、たった5分であっという間に40度オーバー。

熊谷恐るべし。

次回は50度までは目盛りのある温度計を持参して、チャレンジしてみたい。

道行くおじさんに「暑いですね」と声をかけると、「暑いなぁ。

でも(最高気温に到達する日の暑さは)こんなもんじゃねぇよ。

暑いんでも何でも、一番がいいってこったな」と、なんだかちょっと誇らしげ。

暑い街・熊谷市民はやっぱり熱い!「ところで夏の暑さ対策、何かしていますか?」と聞いたところ、「あんまり暑い日はかみさんを連れて、居酒屋で夕食を済ませることもあるね。

料理作るのも面倒だし、いわゆる『クールシェア』ってやつだな、ははっ」。

聞けば熊谷では夏の節電対策として「クールシェア」と呼ばれる取り組みが盛んだとか。

これは公共施設や店などの涼しいところに集まることで、個々の節電を心がけるというもの。

「クールシェアスポット」が市内に約50カ所あり、「家のクーラーを止めてきた」と伝えれば、ドリンクやデザートのサービス、うちわやクールグッズのプレゼントなど、様々な特典がある。

このサービスは10月31日まで実施予定だ。

ちなみにこのクールシェア、場所だけでなく特産品、グルメなどにも用いられている。

その代表格が「雪くま」と呼ばれるかき氷だ。

熊谷の水でできた氷を使ってつくった雪くまは、市内の甘味処やカフェなどで食べられるクールシェアスイーツ。

口に入れるとふわっと溶ける、熊谷の新しいご当地グルメである。

また、熊谷クールシェアグルメの展開はとどまることを知らず、「くま辛グルメ」というプロジェクトも発足。

熱い(暑い)=HOT=辛いということで、暑いときにこそ辛いものを食べて熱くなろう、というコンセプトなんだとか。

地場野菜を使ったHOT(辛い)なメニューをなんと「土鍋」で提供するのが、くま辛グルメの条件。

ただでも暑いのに土鍋って…、なんていうのはやぼってもの。

暑い時には暑さを思いっきり楽しむ―それが日本一暑い熊谷流の暑さ対策なのだから。

くま辛プロジェクトに参加している店は約50店舗。

熊谷を訪れた際には、ぜひお試しあれ。