コールマン、「アウトドアリゾート」でキャンプを楽しむ2013年モデル発表

写真拡大

アウトドアの老舗ブランド・コールマンは、9月12日〜14日、都内で2013年新作発表会を行った。

2013年のコンセプトは「アウトドアリゾート」。

大自然の中で趣味を満喫したり、ハイキングの延長でグルメを味わえたりと、気軽にテント泊キャンプを楽しめるアイテムを展開する。

アウトドアで食べるご飯と言えば、バーベキューやカレーを連想する人も多いだろう。

同社は「シェラカップ/600」(1,680円)と「アウトランダーマイクロストーブPZ」(4,200円)を活用して、もっとバリエーション豊かに、もっと簡単にできる“外ごはん”を提案している。

「シェラカップ/600」は直接火にかけて使える取っ手が付いたカップ。

火からおろせばそのまま器としても使える優れものだ。

従来モデルのワンバーナー「アウトランダーマイクロストーブPZ」にぴったりサイズで、焼く・煮る・蒸すなど様々な料理に対応する。

カップの中には目盛りが付いており、ご飯の1合炊きもできる。

また、鍋ぶたにも鍋敷きにもなるシリコン性の「マイカップカバー」(525円)は、ピンク・イエロー・グリーンの3色展開。

カバーと同色展開されたテーブルウエアをそろえると、見た目もぐっと華やかに。

「ハイキング感覚でキャンプグルメを楽しみたい!」という人にオススメだ。

また、音楽フェス大好き女子に刺さるデザイン&カラーを2013年は強化していくという。

例えば、音楽の波のイメージと自然界のスピリチュアルなイメージを織り交ぜた“フェスウェーブデザイン”を展開。

カラーはピンクとグリーンの2色。

そのデザインをテント「エッグドーム」(2万1,945円)、スリーピングバッグ「エッグマミー」(4,410円)、「ファンチェア」(シングル2,100円、ダブル4,410円)、「クーラーバッグ」(1,260円〜)などに用いている。

中でもチェアはあえて高さを低めに設定。

実際に座ってみるとゆったりと身体が休まり、リラックスすることができる。

「のんびりと夜空を眺めたり、くつろいだ気持ちで友人たちと語り合ったりと、自由な時間を楽しんでもらえたら」という想いが込められているという。

家でも照明を変えると、雰囲気が一気に変えるということもあるだろう。

アウトドアでもその時の気分で照明を使い分けられるように、同社はデザインの異なる照明を展開している。

そのデザインに合わせて、照度を変えているのも特徴のひとつだ。

リラックスしたい時には赤みを帯びた温かみのある電球色を、夜道を歩く時はくっきりともる昼光色のものを選ぶといいだろう。

ちょっとラグジュアリーな気分を味わうなら、「CPX6 LED クラシックランプ」(6,615円)がオススメだ。

同社が展開するCPX6シリーズの照明は共通のバッテリーが使えるため、電池を何個も準備する手間がかからない。

新商品は2013年2月より順次発売される予定。

日常にちょっとしたスパイスとして、アウトドアアクティビティーに挑戦してみるのも面白そうだ。