ミニストップ、オリジナル菓子リニューアル「食べごこちMINIきぶん」発売

写真拡大

ミニストップはターゲット・コンセプト・価格帯を全面的に見直したオリジナル菓子、「食べごこち菓子 MINIきぶん」を開発。

9月19日より順次、国内のミニストップ店舗で発売を開始した。

同社が2012年4月に行った調査によると、40〜60代男女において45%が「毎日お菓子を食べる」と回答した。

また、お菓子を食べる動機として「好き」「楽しみ」が多く、購入にあたっての動機として、素材感・お買い得感・商品形態・食べきりサイズや健康感などの要望があることも分かった。

そこで従来の30・40代をターゲットにしたお菓子だけではなく、50代以上にも向けた菓子の開発に着手。

「食べきり」「個包装」など、ターゲット層が求める心地よさにこだわった「食べごこち菓子 MINIきぶん」を発売した。

「MINIきぶん」は、ポテトチップス(うす塩味、サワーオニオン味)128円、鈴カステラメープル風味100円、ミニくまビスケットはちみつ風味100円、ピーナッツチョコウエハース100円、サラダせんべい100円。