金スマをはじめ様々なTVやラジオ、ネットで人気の「美木良介のロングブレスダイエット」。シリーズ累計は160万部を超えるなど、大ヒットとなっています。最近のダイエットの手法では、最も勢いのあるものだといえるでしょう。

 ロンブレスは、鼻から3秒で空気を吸って口から15秒で吐く基本の呼吸法で、お腹にある丹田を意識。この意識ダイエットにつながるのです。また、それだけでなく、内臓脂肪を減らし、無駄なぜい肉を代謝の高い良質な筋肉に変えていくので、引き締まったシルエットの太りにくい身体を手に入れることができるのです。

 そんなロンブレスを「深層筋肉を鍛えられる唯一の運動法」と、おすすめしているのが、横浜東邦病院の医学博士・梅田嘉明院長です。筋肉には一般的に腹筋といわれる「浅層筋群」と、腹横筋や内腹斜筋などの「深層筋群」の二つにわけることができます。筋肉のキャパシティが多く、トレーニングでの変化が実感しやすいため、「浅層筋群」の発達ばかりに目が行きがちですが、重要なのは外見からあまり見えない、「深層筋群」のトレーニングだと、梅田院長はいいます。

 「深層筋群だけをチョイスして、効率よく筋肉を強化できるのがロングブレスの最も優秀なポイントです。深層筋群は、身体を安定させるために必要なコルセットのような役割のある筋肉なので、ここを鍛えると結果的に身体が安定して腰痛予防になるわけです。」

 筋肉はぜい肉の何倍もカロリーを消費するので、筋肉量を増やすことで血行・エネルギー代謝がよくなります。同じ量の食事をしていても体重を減らすことができるので、ダイエットに筋肉は必要なのです。

 「食欲の秋」と、何かと誘惑が多い季節に入りますが、「運動の秋」という言葉も忘れずに。



『DVDで完璧にわかる! 美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム』
 著者:美木良介
 出版社:徳間書店
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
西洋が認める「化粧水大国」日本のひみつ〜資生堂『Beauty Book』
「『クラスメイトも加害者』はいじめ問題の妄言」と教育評論家が断言
「分とく山」の総料理長・野崎洋光さんが缶詰を評価するのはその「味の良さ」


■配信元
WEB本の雑誌