三菱ケミカルHD社長 
小林喜光氏

写真拡大

----------

三菱ケミカルHD社長 小林喜光(こばやし・よしみつ)
1946年、山梨県生まれ。東京大学大学院理学系研究科修了。ヘブライ大学、ピサ大学への留学を経て、74年、三菱化成工業(現三菱化学)入社。96年、三菱化学メディア社長、2005年、三菱化学科学技術研究センター社長、06年、三菱ケミカルホールディングス取締役、07年より現職。

----------

■安息日モードのときアイデアが浮かぶ

私の1週間は2種類のモードがある。一つは平日のルーチンモードだ。朝7時半に出社し、9時まではよほど緊急な用件以外、何があっても予定は入れず、情報収集、会議の予習、メール返信などに充てる。1日で唯一の自分の時間だ。以降は秘書がグループウェア用時間管理ソフトで作成し、プリントアウトしたスケジュール表に沿って、“仕事のメカ”となって予定をこなしていく。

前は予定と予定の間に1分1秒のすき間もないスケジュールが組まれ、トイレにも走っていかなければならなかった。さすがに今はところどころに5分ほどの間隙を入れてもらっている。午後6時ごろに社内のスケジュールが終わると、毎晩、外で仕事上の関係先と会食だ。

社外では携帯電話から同じスケジュール表にアクセスできるので、車中で時間と場所を確認する。会食が9時か10時まで続き、11時までには帰宅し、そのまま就寝。早朝起床し、入浴し、朝食をとり、マッサージ器でしばし体の凝りをほぐして出社する。そんなフル回転の日々が月曜日から金曜日まで続くのだ。

これが一転するのが、仕事のメカから“人間”に戻る土日の安息日モードだ。取引先などとのゴルフの予定が入ることも多いが、そうでなければ、特に何もせず、庭の植木や盆栽に水をやったり、飼っている金魚やメダカを眺めたりしてぼんやりと1日を過ごす。

私が東大の修士課程を修了後、放射線化学の勉強をしに留学したイスラエルにはシャバットと呼ばれるユダヤ教の安息日があり、毎週金曜日の日没から土曜日の日没まで、人々は一切の労働をせずに過ごしていた。イスラム教社会では金曜日が安息日で集団で礼拝が行われる。キリスト教社会の欧米でも日曜日には家族で教会のミサに参列する。こうした安息日は宗教上の理由とは別に、時間管理の視点から見ると、精神を活性化するための人間の知恵ではないかと思う。

というのも、安息日モードのときほど、いろいろなアイデアがひらめくからだ。家内の観察によれば、私はルーチンのスケジュールが過密だったり、土日を使った海外出張が連続して、仕事のメカ状態が長く続くと余裕がなくなり、ちょっとしたことにもセンシティブに反応し、怒りやすくなるようだ。精神的な疲れが蓄積するのだろう。そのままいけばどこかで壊れる。そこで、仕事から離れ人間に戻ると、ふとアイデアが浮かぶ。

例えば、三菱ケミカルホールディングスが目指す方向性として、「KAITEKI(社会の快適)」というキャッチコピーがひらめいたのもそうだった。われわれのグループは複数の化学会社や医薬品会社が集まって生まれて日も浅く、製品群が多岐にわたるため、この会社は何のためにあるのかというアイデンティティが見えにくいところがある。「共通の言語」が早急に必要だ。そう考えながらもルーチンモードでは漠然としてまとまらなかったものが、安息日モードに入ったところで有機的に結合し、結実した。

各事業について単に損益だけでなく、「サステナビリティ(持続可能性)」「健康」「快適」の3つの軸で評価基準を設け、KAITEKI度指数を100点満点で採点し、評価する。こうしたクリエーティブなアイデアが安息日モードのときに浮かぶのは、どこか自分の原点に立ち戻るところがあるからだろう。

アイデアがひらめくと、私にとっての必須のツール、付せんの出番になる。大きめのサイズをいつも枕元に置いておき、夜、その日に浮かんだアイデアを書き留める。そして、週明けの朝、手帳を開いて貼りつけ、仕事へとつなげる。以前は手帳に直接書き込んでいたが、張りつけ方式のほうがはるかに手軽だ。その意味で付せんは安息日とルーチン、2つの時間を結ぶメッセンジャー役であり、手帳は自分がいつ、どんなことをひらめき、何を思いついたかを記録する個人的なアーカイブといえる。

■トイレに、階段に、時計が22個も

私はもともと、時間を守ることに関しては強迫観念に近いものを持っていた。待ち合わせも必ず5分前に着き、車で1時間で行けるところへも交通渋滞を考え、1時間半前には出るのが習性だ。自宅にも時計がトイレに、洗面所に、階段に……といたるところに置かれ、家内が数えたら全部で22個もあった。朝、歯磨きをしながら時計を見て、出勤時間に間に合うよう段取りを調整する。腕時計も何個も持っていて、どれも時刻は正確に合わせてある。これは性格なのだろう。今でも入学試験に遅刻する夢を見て、ハッと飛び起きることがあるほどだ。

私の場合、いささかパンクチュアルにすぎるのかもしれない。ただ、ビジネス社会では時間は命であり、時間を守ることはビジネスの正義だ。会議の時間設定も、その時間まで会議ができるという意味ではなく、遅くともそれまでには終わっていなければならないと考えるべきであり、30分の予定を20分で切り上げれば、参加者全員の生産性は1.5倍に上がる。

会議は「何を、誰が、いつまでに」、つまり、行うべきアイテム、実行責任を負う人間、デューデイト(締め切り期限)のアクションプランを決めさえすればいい場だ。これが曖昧だから長引く。

このアクションプランで重要なのがデューデイトの決め方だ。本人に決めさせると、サプライヤーサイドの都合でマージン(余白)を取ろうとする。そうではなく、いつまでにマーケットに投入すべきか、ディマンドサイドの視点で上司がイニシアチブを取って決めなければならない。期限を決めたら、進捗具合のモニタリングを適時行うのはいうまでもない。

このとき、当事者たちに問われるのが「時間感性」だ。時間に対してどれだけ高い感度を持てるか。それぞれの事業や仕事には求められる時間軸がある。例えば、今日指示したら、時間軸を的確に読んで翌日には答えが出せる人と、催促されて初めて出てくる人とでどちらを取るかといえば、時間感性の豊かな前者だ。

求められる時間軸は言葉で説明しなくても暗黙のうちに了解できなければならない。この時間感性は教育によって仕込めるものではなく、教育している暇もない。必然、同じ時間感性を共有できる人間だけが集まった組織で戦うことになる。

ただ、時間感性はルーチンモードだけでは疲弊する。だから安息日モードが必要であり、その両方が結ばれることで平日の仕事もクリエーティブ・ルーチンにすることができる。時間感性が大きな競争力になる時代が来ていることを誰もが自覚すべきではないだろうか。

※すべて雑誌掲載当時

(勝見 明=構成 市来朋久=撮影)