(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●番外編、孔明の死後の三国志について
「人形劇三国志」は全68話で終了しています。しかしながら孔明の死後も蜀は存在しています。それではその後、蜀はどうなったのか?を気になる方も(私を含め)少なからずいると思われます。

そこで「人形劇三国志」第69話以降として番外編をご紹介したいと思います。
●艾の失脚と鍾会の乱
蜀を降伏させた艾ですが、独断専横が過ぎたため軍権を剥奪され逮捕されてしまいます。

また蜀降伏のもう一人の功労者であった鍾会ですが、姜維と共に魏で独立するためにクーデターを起こします。しかしながら、鍾会・姜維に同調する者は少なく、鍾会・姜維は反逆者として処刑されてしまいます。

また、鍾会の乱によって艾や張翼等の多くの武将が死ぬ事となったようです。
●司馬炎、魏から晋(西晋)を建国する!
蜀滅亡後、晋王となった司馬昭の後継者として司馬炎が指名されます。司馬昭の死後、司馬炎は魏の曹奐から禅譲を受けて魏から晋(西晋)へと国名を改め皇帝となります。

それから数年は主に国力の安定を図る事に注力し、279年呉に侵攻し280年には呉も滅亡し、三国志は終焉を迎え、晋(西晋)一国で統一されることになります。

黄巾の乱(184年)からはじまった三国志ですが、280年の晋の統一までおよそ100年弱。ちなみに晋(西晋)も316年には滅亡する事となります。この事は古代中国において如何に長期政権の国家というものは難しいのかを物が立っています。

※280年以降は既に三国志の時代では無いのでこの辺で止めておきます。

番外編「人形劇 三国志」、今回で終了です。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第75話(番外編)「蜀の滅亡」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第74話(番外編)「蜀の姜維、北伐を敢行する!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第73話(番外編)「孔明亡き後の蜀を支えた蒋琬・董允・費禕」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第72話(番外編)「呉の孫権、二宮事件にて滅ぶ!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第71話(番外編)「仲達(司馬懿)一族の飛躍!」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト