『輪るピングドラム』に登場した実在するラーメン屋『三ちゃん』店主インタビュー / 悪役でもいいからアニメに出てみたい

写真拡大

2011年に放送され、多くの視聴者を感動の渦に巻き込んだ人気テレビアニメーション『輪るピングドラム』。その劇中に登場した『リナちゃん』というラーメン屋があるのだが、実は実在するラーメン屋がモデルとなっている。

そのラーメン屋は東京・荻窪のラーメン屋『三ちゃん』。作品には『リナちゃん』として登場したが、店頭も店内もほぼ『三ちゃん』と同じデザイン。以前、筆者(私)は『三ちゃん』を取材して記事にしたのだが、それによって世界中からお客さんがやってきたという。今回、久しぶりに店主と会ってインタビューをしてみた。
 
・世界中からお客さんがきたよ
店主 あれからお客さんが増えましたね。日本中、いや、世界中からアニメファンがきたんです。
筆者 インターネット経由で観ているファンもいるので、ファンもグローバル化しているかもしれませんね。
店主 台湾からきたっていう子がいたなあ。
筆者 やはりお客さんはアニメのコスプレをしているのですか?
店主 半々くらいだね。私はアニメを見ていないのでよくわからないけど(笑)。
筆者 作品と同じシチュエーションで記念撮影とか?
店主 アニメで封筒が出ているシーンがあるんだっけ? 封筒を持参して撮影している子もいたね。
 
・40〜50代の男性も「アニメ観てきた」って
店主 驚いたのが40から50代くらいのアニメファンの男性が一人できたことだね。
記者 自分でアニメ観てきたって言ってたんですか?
店主 そう言ってたよ。深夜に放送していたから、観ている人も年齢層が高いのかな。
記者 基本的にこの店は年齢層が高い気がしますが。
店主 そうねぇ。でも普段はアニメファンがたくさんくる店ではないね(笑)。
 
・アニメは世界と日本をつないでいると思った
店主 それにしてもあれだよ。最近の10〜20代の外国人のアニメファンは日本語がぺらぺらなのね。
記者 海外からやってきたファンたちは日本語話せたんですか?
店主 そうだよ。流暢に日本語で話すんだよ。びっくりしちゃった。
記者 しかもこの店で食べるために遥々やってきたというのも凄いですね。
店主 それで思ったんだよ。アニメは世界と日本をつないでいるって。
記者 なるほど。
店主 戦争時代の影響で日本語話せる外国人もいるけど、10代とか20代の子がペラペラなんだからね。アニメにはそうさせる魅力があるんだろうな。
 
・作った人たちも食べにきてほしいね
記者 作品を作ったスタッフは食べにきましたか?
店主 スタッフですと言ってくる人はいないけど、きているかもしれないね。ほら、それにここらへん、アニメの会社が多いらしいから。
記者 自分からスタッフだとは言わないかもしれないですね。
店主 でもほら、話によると、アニメの監督はセーラームーンの人なんでしょ? スゴイ人らしいね。
記者 幾原監督ですね。確かにすごい人だと思います。食べにきてほしいですか?
店主 そりゃ食べにきてほしいとは思います(笑)。くるかな(笑)。
 
・次回作があるなら悪役でもいいから出たいなあ
記者 店主はまだ作品を観たことがないと言ってましたよね。
店主 そう。だからレンタルで観られるようになったら観ようと思ってます。
記者 続編らしいと噂されている作品があるんですよ。
店主 らしいね。食べにきてくれたファンの子が言ってたよ。でも続編か別物かまだわからないんでしょう?
記者 そうですねえ。『ピングベア』としか発表されていないので……。何か監督に言いたい事とかありますか?
店主 悪役でもいいから出てみたい(笑)。
記者 えっ!?
店主 殺し屋でもいいし、死んでもいいから、なんでもいいから出てみたいね。そのアニメに。
記者 もしかしたらその夢、叶うかもしれないですよ。根拠はありませんが(笑)。
店主 だといいなあ(笑)。
 
・今回ご紹介したお店のデータ
住所 東京都杉並区荻窪5-29-20
時間 11:00〜22:00
休日 不定休
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る