勉強嫌いでもイケる!ゲーム感覚で楽しむ英語教材とは? - アメフト井上友綱選手

写真拡大

アメリカンフットボールの最高峰NFLに挑戦する井上友綱選手。

中学生のころから、クオーターバックとしてNFLで活躍することを目標に、早稲田大学「BIG BEARS」、U19日本代表として活躍してきました。

今回は、世界を相手に闘うアメリカンフットボール選手として、英語にまつわるエピソードや独自の学習法、またロゼッタストーンでの学び方についてお話を伺いました。

―初めてNFLに挑戦され、渡米された時のお話を聞かせてください。

2009年に、初めてトライアウトのために渡米しました。

当時、英語が思うように喋れませんでした。

ただ、英語が思うように話せないということは、生活においてのみならずプレイヤーとしても大きな痛手。

クラブハウスにいても、ほかの選手やコーチの話していることがまったく理解できず、チームの輪に溶け込むのもやっと、という状態だったのです。

こんな失敗もしました。

チームに入って初日のミーティング終了後、宿舎に戻ろうと思ったら、車で20分以上ところにあると初めて知ったんです。

誰かの車に便乗するしかないけど、そんなに打ち解けてないし、誰になんて頼んだらいいのかもわからない……。

とはいえ、何とかしないと知らない土地で置いていかれるので、必死の形相で知っている単語を集めて、周りの選手に話しかけました。

どんな単語を使ったのかは忘れてしまいましたが、怖くてドキドキしたのを覚えています。

翌日、「これじゃいけない」と日本から英文法や熟語のテキストを取り寄せました。

でも、もともとの勉強嫌いの性格だったせいか、テキストを使っての勉強は2週間も続きません。

このころ、ロゼッタストーンに出会っていればどんなに救われたかと、今でも思いますよ(笑)。

その後、チームにも徐々に馴染み始めました。

チームのメンバーとは半年以上共にいるので、プレイ中の英語などは、先発したクオーターバック(以下QB)のアメリカ人選手をじっくり観察し、どういう英語を使っているのか、とにかくまねをして覚えました。

ただ、ヒアリング力はつくのですが、応用がきかなくなるので、しばらく耳が慣れてきたら、わかりにくい単語や言い回しは、積極的に質問をするようにしました。

やり方としては、自分が理解していないことを伝え、しつこいぐらいに何度も話してもらいました。

また、チームメイト同士の何気ない会話もノートにメモするようにして、独自のスラングにも慣れていきました。

おかげで英語力もつき、仲間にも溶け込め、NFLの魅力や厳しさを実感することができました。

―QBというポジションは、英語が特に大事と聞きましたが……私が希望するQBというポジションは、チームの司令塔であり、コーチとプレイヤーとの橋渡し役です。

ほかのポジションのプレイヤーを気遣い、コミュニケーションを率先して行う必要があります。

さらに、QBが指示しないといけない戦術は、ランプレイ、パスプレイなどを併せて500パターンもあります。

相手チームの情報によって、あらかじめ組み合わせて絞っておくのですが、もちろん、その場で瞬時に変えることもあります。

また、試合前に覚えておかないといけない戦術も「次、どうだっけ?」と、QBに確認にくる選手もいます。

こういった状況なので、「英語は話せて当然」で「話せない」QBはダメなんです。

―日本に帰国されて、どのように英語力をキープされていたのでしょうか?ロゼッタストーンとの出会いは、ちょうど日本に帰国した2012年の冬ごろから使い始めました。

現地で身につけた英語力をキープし、今まで学んできたものにプラスαの英語力を身に付けたい、実践感覚を養いたいと考えていたからです。