『モンスターハンター4』は何が進化したのか? ネコ式火竜車、ジャンプ攻撃、操虫棍――TGS発表の新要素まとめ

写真拡大

ついに開催された「東京ゲームショウ2012」。

各ブースでは派手なステージイベントが目白押しとなっているが、中でも長蛇の列を作っていたのは、やはりカプコンブースでプレイアブル出展された『モンスターハンター4』である。

本記事では、同ブースで行われたスペシャルステージの模様とプレイレポートで、このビッグタイトルの新情報をお伝えしたい。

スペシャルステージには、『モンハン』シリーズのプロデューサー辻本良三氏と、ディレクターの藤岡要氏が登壇。

まず辻本氏から本作の発売日が2013年春から、2013年3月になったことが発表された。

そして、すでに公開済みのPVに登場した黒い巨大モンスターの名は「ゴア・マガラ」と判明。

名前以外の詳細は今ところ不明だが、本シリーズのメインモンスターとしてプレイヤーたちを苦しめることになるだろう。

また、その中でオトモアイルーが手作りの自走車に乗ってモンスターに砲撃をぶちかますシーンがあるが、合体技はその名も「ネコ式火竜車(かりゅうぐるま)」。

藤岡氏は「きまぐれで発動しますが、結構な攻撃力があるのでピンチの時には助かります」と、新要素について解説した。

その後、実機によるデモプレイが行われ、新たなる冒険の拠点「バルバレ」が紹介された。

この拠点はさまざまなキャラバンで形成される、言わば市場やバザーのようなもの。

今回のハンターは、キャラバンを率いる「団長」に雇われる形でクエストに挑むことになり、ゲームを進めることで新たな拠点に訪れることになる。

また、火山地帯にある「ナグリ村」も今回初お披露目。

別の拠点を訪れた際にも、団長が率いるキャラバンはついてくるという。

ちなみに各拠点には村固有の施設が存在する。

著者もプレイアブルデモを体験してみたが、操作に関しては従来とほぼ同じ感覚でプレイでき、操作感も踏襲されている。

しかしそこは『モンハン4』、今作は立体的なフィールドと段差を利用したハントが楽しめるようだ。

各武器に地形の高低差を意識したアクションが追加され、崖をはい上がり、地面の亀裂を飛び越えるなど、地形をよりリアルに感じられるだろう。

それによりハントの戦略も変化する。

さらにジャンプ中、攻撃ボタンを押すと「ジャンプ攻撃」が可能となり、大型モンスターの頭上までジャンプし、頭部を攻撃もできるなど、アクションの幅がこれまでになく広がっている。

そして、ネット上で話題となっていた新武器「操虫棍(そうちゅうこん)」は、その見た目からわかるようにリーチが長い。

それでいて通常攻撃からの派生技も豊富であり、攻撃後に背面に避けながらの回避攻撃も可能。

回転回避といったアクションに繋げることもでき、トリッキーな動きでモンスターの攻撃をかく乱できそうだ。

さらに「操虫棍」には、ハンターの腕にしがみついている「猟虫」を操る能力もあり、モンスターに向かって猟虫を放つと敵から強化エキスを入手し、ハンターの移動力や攻撃力がするというと恩恵を得ることができる。

また、ジャンプアクションも一癖あるようで、「操虫棍」を棒高跳びのポールのように使用して大きく跳躍することで、かなり高い位置までのジャンプが可能。

これにより地形の段差を利用せずともジャンプ行動、攻撃を繰り出せるわけだ。

トリッキーな攻撃方法、猟虫、そしてジャンプ。

通常攻撃から派生も含めた攻撃のバリエーションは、全武器の中でもトップクラスと言えるかもしれない。

最後に藤岡氏がマルチプレイによるクエストを挑戦。

ここで今回のインターネットを介した強力プレイが可能であることを明らかとなる。

今回は大阪にいるカプコンチームとTGS内での協力プレイとなったが、タイムラグはほぼ皆無。