【懐かしいゲーム特集】「ターボファイル」

写真拡大

●アスキーのゲーム必携!

(画像:amazon.co.jpより)
(C)Sammy
(C)株式会社アスキー

「ターボファイル」は1986年に株式会社アスキーからファミリーコンピュータ用としてリリースされた周辺機器です(現在はサミー株式会社が販売しています)。

「ターボファイル」はアスキーのゲームを中心に、当時のゲームのバックアップデータを保管する用途等で重用されました。

※特に「ウィザードリィ」シリーズでは1・2・3とゲームキャラクターを転送させる事によって、最初から能力値が高く階級章を3シリーズ所持したキャラクターを作り出せる等、ほぼ必須の周辺機器として使用されていました。

またアスキーのごく初期のゲームでバッテリーバックアップシステムが搭載されていないゲーム(特に「覇邪の封印」や「キャッスルエクセレント」)についても「ターボファイル」によってキャラクターデータ等の記録が出来るようになりました。

※「覇邪の封印」の場合、パスワードが最大120文字と長すぎると不評でしたので「ターボファイル」によってかなり遊びやすくなったと思われます。

個人的に驚いたのは「ターボファイル」がゲームボーイアドバンス版として2002年まで発売されていたという事です。2012年以降、再び「ターボファイル」の時代がやってきたりして!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「覇邪の封印」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ザ・スクリーマー」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「パックマニア」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ミシシッピー殺人事件」
▼外部リンク

「ターボファイルアドバンス」TVアニメ公式Webサイト
ターボファイルアドバンス