「自分はおかしいのではないか?」と思い悩んでいた片想い中の皆さんに朗報です! 片想い中に、メール着信音の幻聴が聴こえるのは、貴女だけではないということがわかりました。両想い中の皆さんや、俗世を離れた絶食系の皆さんは、なんのことやらさっぱりわからないでしょう。

メール着信音の幻聴とは、片想い中に限って起こる現象です。意中の殿方からのメールを待っている時、トイレや風呂でちょっとケータイから離れた際に、「トゥルルルル」と、着信音が鳴ったような気がすることってありますよね。

股を拭くのもそこそこに、もしくは髪の毛シャンプーまみれで部屋に戻ってケータイをチェックしたものの、メール着信表示は無く、がっかりした経験……一度や二度ではないはずです。

「着信音の幻聴どころか、バイブ振動音の幻聴すら聴こえるという人も少なくありません。トイレや風呂どころか、同じ部屋の中にケータイがあるという状況にもかかわらず、ブルブル振動した気がして慌ててケータイを開き、例の如くメール着信表示は無く、がっかりさせられる……というのがお決まりのパターンです。

片想い女性の苦悩はさらに続きます。メール着信表示が無いという事実を受け入れられず、新着受信のボタンを押してしまうのです。もしかしたらケータイを置いている位置の電波が悪いのかも、という妄想によるものですね。

しかし、液晶画面に表示されるのは、「新着メールはありません」という事務的なメッセージのみ。この時点で、ようやく「そんなにしょっちゅうメールが来るわけないよね」ということに気付く運びです。

ここまで読んで、「中高生じゃあるまいし、いい歳した大人のくせにみっともない!」と思った人も大勢いるでしょう。しかし、貴方が過去に一度でも片想いをしたことがあるのなら、同じような行動をとったことがあるはずですよ。ケータイを穴があくほど凝視したり、ネットの無料占いで相手との相性を勝手に占ったり、相手のフェイスブックやツイッターを日に何度もチェックしたり……。

「そんな行動はいっさい身に覚えがない!」という人も、どうか片想い中の人々のイタい行動を非難しないであげてくださいね。何故なら、上記に挙げたような一連の行動は、他者にいっさい迷惑がかかっていないからです。

「メールがキターーーーーーー!!」と、トイレや風呂場からフルチンならぬフルマン状態で飛び出してこようと、日に何度も新着受信しようと、誰にも不利益は与えていません。自分自身で、「いい歳して着信音の幻聴を聴くなんてみっともない」と思い悩む必要もありませんよ。トイレや風呂場からフルマンで飛び出すのも片想いの醍醐味と思って楽しめたらいいですね。
 
コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ