(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●番外編、孔明の死後の三国志について
「人形劇三国志」は全68話で終了しています。しかしながら孔明の死後も蜀は存在しています。それではその後、蜀はどうなったのか?を気になる方も(私を含め)少なからずいると思われます。

そこで「人形劇三国志」第69話以降として番外編をご紹介したいと思います。
●姜維、再び北伐を行うも…
262年、姜維に4年ぶりに漢中の守備から出兵し北伐を再開します。しかしながら、魏の艾に再び敗北し、またもや北伐は失敗に終わります。

※この頃、蜀は姜維の北伐による国力の衰退に対する懸念から
諸葛瞻(孔明の子)や董厥といった蜀の数少ない良臣までも姜維の軍権を剥奪するように進言していたほどです。結局、姜維は蜀の中でも孤立した存在となりつつあったようです。
●魏の艾と鍾会、蜀へ侵攻する!
263年、姜維は近々に魏の侵攻があると読み、劉禅に対して張翼・廖化の援軍派遣を上奏します。

ところが宦官の黄皓は巫女の占い等を信じたうえで、劉禅に姜維の上奏文に従わない(黄皓は劉禅に「魏は攻めてこない」と信じさせたようです)ように意見します。更に蜀のその他の群臣も姜維の上奏文の存在すら知らない状態でした。

※この頃の蜀、特に成都は厭戦気分が漂い、劉禅も政治・軍事共に無関心な状態かつ快楽に溺れているといった次第だったようです。

もちろん姜維の懸念が的中してしまい、魏の艾と鍾会は蜀へ侵攻してきました。ここで漸く劉禅は姜維に援軍を派遣しますが少々遅かったようです。
●蜀の劉禅、魏に降伏する!
姜維は少ない兵力ながらも何とか耐え、蜀最後の砦である剣閣にて鍾会軍と対峙します。ここでは鍾会軍も姜維軍を攻略出来ずにいますが…。

鍾会軍と別動部隊の艾軍は山岳地帯で道すら無い陰平の攻略に挑戦します。艾軍は多大な犠牲を出しながらも綿竹まで辿り着き、諸葛瞻が守備をする綿竹城を攻撃します。

結果的に諸葛瞻とその子である諸葛尚や張遵(張飛の孫)等が戦死してしまい綿竹城は艾軍によって落城してしまいます。

そして成都に艾軍が侵攻してきたため、劉禅は譙周の勧めに従いあっさり降伏を決定します。そのあまりにも不甲斐無く降伏を決めた劉禅に対する抗議のため、五男の劉遒麓決します。

※但し、その時点でも姜維軍は剣閣で鍾会軍と交戦中であり、蜀は未だ余力を残していたようです。

思えば、蜀の滅亡は劉禅の暗愚さが主な原因だったのは間違いないとしても、それに加えて劉禅を長年支えた忠臣に代わる者が登場せず、奸臣が実権を握っていた事にあったのだと言えます。

番外編「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第74話(番外編)「蜀の姜維、北伐を敢行する!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第73話(番外編)「孔明亡き後の蜀を支えた蒋琬・董允・費禕」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第72話(番外編)「呉の孫権、二宮事件にて滅ぶ!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第71話(番外編)「仲達(司馬懿)一族の飛躍!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第70話(番外編)「魏の曹叡と仲達、その後」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト