終電を逃したらどうしますか?




会社の飲み会で盛り上がり過ぎてしまい、気づいたら終電も行ってしまったなんてことありませんか。学生なら「始発までもう1軒行くか!」になるんでしょうが、「明日も仕事」の社会人となるとなかなかそうもいきません。



「終電を逃したらどうするか?」を聞いてみました。



調査期間:2012/5/3〜2012/5/7

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 899件(ウェブログイン式)



Q.あなたは終電を逃したら、その後はどうしますか?



タクシーで家まで帰宅する 33.3%

徒歩で帰宅する 17.2%

漫画喫茶に行って始発を待つ 14.2%

家人にクルマで迎えに来てもらう 8.8%

ホテルに宿泊する 3.9%

朝までやっている店(漫画喫茶・ファミレス以外)に行って始発を待つ 3.8%

ファミレスに行って始発を待つ 3.7%

カプセルホテルに宿泊する 3.6%

友人の家に泊めてもらう 2.8%

駅で始発を待つ 1.4%

彼氏・彼女の家に泊めてもらう 1.4%

サウナに行く 0.8%

友人にクルマで迎えに来てもらう 0.6%

そのほか 4.6%



第1位は「タクシーで帰宅する」でした。さすが明日のことを考えていますね! 第2位はなんと「徒歩で帰宅する」。なんと健脚なのでしょうか。バブルの時代なら「会社で支給されるタクシーチケット」がバンバン使えたので、徒歩派はもっと少数だったはずです。



第3位は「漫画喫茶」。最近ではファミレスで寝てると注意されたりしますからね。もっとも安価な仮眠施設として利用されるのが漫画喫茶ってわけです。第5位は「迎えにきてもらう」でした。夜中なので来る人に手間をかけますが、これを選択できる人は本当にうらやましいですね。



上位のそれぞれのご意見を聞いてみました。



■タクシーで帰宅する



●時間や次の日の状況にもよりますが、取りあえず家には帰りたいので。(東京都/男性/37歳)



●化粧を落としてゆっくりしたいので、家には帰りたい。かといって、迎えに来てもらうのも待つのがいやなので。(熊本県/女性/24歳)



●夜中だと誰も呼べないから。真夜中に1人で歩いて帰るのは心細いし、取りあえず家に帰ることを優先にしたいから。(兵庫県/女性/25歳)



●一度漫画喫茶にいったが、いすで寝ると体が痛くなったので必ず帰ることにした。(北海道/女性/29歳)



確かに女性は夜中に1人で歩いていると危険です。また化粧を落としてゆっくりしたいというのも本音でしょう。比べると男は楽ですねー。



■徒歩で帰宅する



●それを見越して、山手線から歩ける距離に住んでいます。(東京都/女性/24歳)



●タクシーはもったいないし、他人に迷惑はかけられない。(茨城県/男性/23歳)



●仕事場、飲み屋街から歩いて1時間以内に住んでいるから。(徳島県/男性/45歳)



●お金がないので実際に徒歩で帰ったことが何度もある。(埼玉県/女性/26歳)



徒歩で帰れる圏内に住んでいる人はいいですね。終電を逃しても大丈夫なように、徒歩圏内に住むという「先見の明」のある人も。



■漫画喫茶に行く



●ホテルなどに泊まるよりは安く済むし、レストランのように長時間いても嫌な顔をされることがなく、また普段漫画を読まないのでたまに漫画喫茶に行くと新鮮で面白いから。(埼玉県/女性/28歳)



安全だし、寝られるし、暇つぶしできるから何より人に迷惑をかけないから。(神奈川県/女性/26歳)



寝たり、漫画読んだり、インターネットしたりそれなりに選択肢を楽しめるから。(茨城県/女性/36歳)



漫画喫茶もずいぶん安価になりました。例えば個室、10時間で2,000円未満という価格だったりします。タクシーよりもはるかに安価なので、漫画喫茶に行く人が多いです。漫画を読んだり、ネットを閲覧しているとスグに時間がたちますしね。







■家人にクルマで迎えに来てもらう



●自分も迎えに行くので、家族にも迎えに来てもらう。持ちつ持たれつ。(埼玉県/男性/25歳)



●場所や距離によりますが、30分以内の距離なら迎えにきてもらいます。タクシーやホテルじゃお金がもったいないし。(兵庫県/女性/23歳)



●一番確実に早く家に帰れる方法だから。(千葉県/女性/22歳)



●沖縄なので、車では迎えに来られない距離ではないから。(沖縄県/女性/31歳)



優しい家人がいる人だけが取れる手段ですね(笑)。沖縄なので、とお住まいの特性を回答いただいた方もおられました。沖縄はクルマがないと生活しにくいですし、迎えに来てもらえる可能性高いですね。



「そのほか」と回答した人で、多かったのは「カラオケに行く」でした。安価ですし、横になれますからいい選択ですね。あなたは、終電を逃したらどうしますか?







(谷門太@dcp)