外国人から見た日本 (54) やってみて面白かった日本のゲームは?

写真拡大

ゲームといえば、日本では様々なゲームソフトが発売され、最近ではmobageやGREEも話題となっています。

その他にもトランプなどのテーブルゲーム、さらには屋外での遊びも含めたくさんのゲームがあります。

そこで「やってみて面白かった日本のゲーム」について、外国人20人に聞いてみました。

・「ドラゴンクエストIX」。

勇者に様々な装備をつけて育てるのが楽しいし、キャラクターも可愛いです (ドイツ/男性/30代後半) ドラクエといえば日本では誰もが知っている定番ゲーム。

コツコツとレベルを上げたり、アイテムを揃えたりという作業は日本人向きと言われますが、外国人にもたくさんのファンがいるようです。

・「ファイナルファンタジー」。

ストーリーが好きです (インドネシア/男性/40代後半)ドラクエと共に日本では有名なゲームですが、こちらはストーリーやグラフィックが好きという方が多いようです。

・「太鼓の達人」です。

リズムがあって楽しいし、友達と一緒にできるからです (中国/女性/30代後半) リズムゲームは言葉が分からなくてもノリで楽しめるので、外国人の方も直感でプレイできますよね。

ゲームセンターで見ていると、ビックリするくらいうまい外国人プレイヤーがいて、いつも驚かされます。

・任天堂のWii。

友達と一緒にできて、家族でもできて楽しいです (スイス/女性/40代前半) Wiiはパーティゲームが豊富ですし、友達や家族とワイワイ遊べて楽しいですよね。

・スイカ割りです。

大勢で騒いだり笑ったり、楽しんだ後にはおいしいスイカを食べることができるからです (フランス/男性/20代後半) 日本の夏の風物詩の一つであるスイカ割り。

日本人だけでなく外国人にも受けがいいのですね。

・しりとりです。

子どものゲームですが、日本語を学んでいる外国人にとっては、日本語を学ぶいい練習になります (アメリカ/男性/30代前半) しりとりは脳のトレーニングにもいいと聞いたことがありますが、確かに日本語の勉強にもいい教材になりそうですね。

・けん玉。

バランスを取るのが難しくて夢中になります (シリア/男性/30代前半) けん玉も昔から日本で遊ばれていますが、技の数がもの凄く多くて遊びの域を超えて競技になっていますよね。

バランス感覚が鍛えられそうです。

日本のゲームと聞かれると、ゲームの作品名を答える方が多かったようです。

ドラクエやファイナルファンタジーの人気が高いのですが、皆きちんと日本語を読んでストーリーを理解されている点に感心です。