マガシークがリニューアル 画像推しでゾゾと差別化?

写真拡大

 総合ファッションECサイト「magaseek(マガシーク)」が9月20日、「MAGASEEK」に名前を改めサイトの内容を刷新。トップページに画像を大胆に配したレイアウトを採用し、商品を直感的にセレクトできるように工夫されている。口コミをトップページに反映させ"読む"に着目した「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」との差別化をはかった"見る"レイアウトは、リコメンド機能を強化しユーザーそれぞれの好みに合ったアイテムを表示するという。 マガシーク、リニューアルの画像を拡大

 リニューアルした「MAGASEEK」は、「あなたにとって『最高』で『最幸』のファッション通販サイトへ」」をキーワードにコンシェルジュ方式の商品提案を採用し、トップページ右側にはユーザー自身の履歴を反映したアイテムの画像が並べられ、「自分のためのセレクトショップに来たかのような感覚」(マガシーク広報)をインターネット上に表現したという。レイアウトは画像を中心に構成され、ファッション誌のような"見る楽しさ"を感じることができるが「リコメンド機能を組み合わせて、トップページの見せ方を工夫しました。ECでは珍しい表現の仕方かと思います」と広報が言う通り、文字情報が抑えられているため初めは戸惑うユーザーもいるかもしれない。 リニューアルでは、ショッピングリストやコメント投稿機能の追加以外にも従来のカテゴリ加えて、サイズ、カラーなどのドリルダウン形式による検索が可能になった他、特定の会員ランク限定のシークレットセールも行われるという。今回のリニューアルに合わせて、姉妹サイトの「OUTLET PEAK(アウトレットピーク)」やマガシークのCI(コーポレートアイデンティティ)も刷新。スマートフォンサイトも10月中にはリニューアルする予定だ。 ■MAGASEEKhttp://www.magaseek.com/