生理中、肛門が痛くなるのはなんの病気?


生理のとき、生理痛というより違う場所が痛くなる・・・。何かコワイ病気なのでしょうか?



普通、生理痛といえば下腹が痛くなるイメージですが、肛門に痛みを感じる場合、どんな病気が考えられるのでしょうか。

女性専用のクリニック、私のクリニック目白の平田雅子先生に聞きました。

(以下、平田先生)



可能性として高いのは、子宮内膜症でしょうか。

子宮内膜症が子宮と直腸の間にある「ダグラス窩(か)」という部分にできてしまった人に多い症状です。



そもそも生理は、受精卵が着床しなかった子宮内膜がはがれ落ちる現象。その際、子宮内膜の流出にともなって出血するのですが、出口となる子宮頸管(けいかん)は、とっても狭いんです。

はがれた内膜や血液で、ただでさえ狭い子宮の出口は簡単にふさがれてしまい、なかなか排出されずにいる血液は、比較的流れやすい卵管へと逃げ場を求めようとします。

また、卵管をつたって腹腔(ふくくう)内へ逆流した血液のなかには、まだ生きている内膜細胞も含まれています。



生きた内膜細胞は卵巣、骨盤外腹膜、腸などいたるところにくっつき、その場所で増殖を始めてしまうことがあります。

それが子宮内膜症と呼ばれる症状です。



生きた内膜細胞は、先述のダグラス窩にもくっついて増殖することがあります。

そして、数カ月、あるいは数年後には本物の子宮内膜と同じように月経を繰り返すようになります。

ダグラス窩は直腸に隣接しているため、月経時になると直腸を圧迫したり神経を刺激するため肛門部分に痛みが出やすいのです。

排便時はさらに痛みが増して、出したいのに出せないという苦痛を訴える人もいます。



注意してほしいのは、流れ出た血液がドロドロに固まり始めると、さまざまな臓器を癒着させる危険性があること。

異常を感じたら、できれば早めに婦人科を訪ねてほしいですね。

ただし、子宮内膜症ではないとすれば、生まれつき子宮と直腸の間が狭いか、子宮が後ろに傾いている場合も、生理痛に肛門痛が現れやすいと言われています。

いずれにしても、痛みが気になるようであれば一度受診されるといいでしょう。



(ビューティ&ダイエット編集部)