阿部敏郎(あべ・としろう)1953年、静岡県生まれ。20歳でシンガーソングライターとしてデビュー。深夜放送のパーソナリティやテレビ番組の司会など、幅広い分野で活躍するが、30歳を迎えた時、突然の霊的体験を機に現役を引退。奈良県の天河神社に奉公の後、浜松市の臨済宗大本山方広寺にて向禅師とともに心の学校「いまここ塾」を主宰。2002年、沖縄に移住。毎週火曜日に行われてきた「いまここ塾」は280回を数え、ブログ「いまここ塾」にも全国から多くのアクセスが集まる。現在は日本各地で講演活動を展開し、毎回、満席の盛況が続いている。http://abetoshiro.ti-da.net/

写真拡大

日本においても、自分の中に神や仏のような本質があった、という気づきを得る人がどんどん増えている、と阿部氏は言う。ならば今、人々を目覚めに導いているものとは何なのか?

この連載は、それぞれの立場から“悟り”について語った
二人の共著『みんながブッダ』付属CDに収録されている対談から
一部抜粋・編集して全4回にわたってお送りしています。

今、人々に変化が
起こるべくして起こってきている

阿部:自分の内側の底の底に、そういう自分を超えた、とてつもなく素晴らしいものがおわした、と。そして、そっちが本当の自分だ、と。
そういうことの気づきが、どんどん、どんどん増えてる。

向:だから、白隠さんが言った「衆生本来仏なり」、みんなブッダだ、自分もブッダだ、周りの人もブッダだ、ということが、言葉だけではなく実体験として、いろんな人の中に起こりつつある。そういう時代じゃないかな。

阿部:これは、時代の力なのかしらね。

向:そうやね、大きな一つの意味で転換の時だね。

阿部:転換の時だね。これは誰かが意図してやってることじゃなく、人類という種族というものが大きく変わろうとしている、その最中に今われわれがあって、その力が、個々の中の気づきというもの、深い気づきを、どんどん引き起こしている。そういう時代に入ってきてるね。

向:だから、物事っていうのは理由なく起こらない、というか起こるべくして起こっている、っていうことだから、歴史的な必然として今、そういうことが現実に起こりつつあるんじゃないかな。
大きな時代の転換期というのは、一人一人の自覚というか、みんながそれぞれ自分はブッダだ、周りの人もブッダだ、ということを気づきつつある。
そこで大きく歴史は動こうとしている、そのただ中にわれわれはあるんじゃないかな。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)