JALグループ 新制服デザイナーに丸山敬太を起用

写真拡大

 JALグループが、航空運送事業に関わる全部門の制服を刷新するのにともない、客室乗務員と空港・貨物などの地上接客部門の制服デザイナーに丸山敬太の起用を決定した。2013年度上期の導入に向けて既にデザイン活動はスタートしているという。 JALの新制服デザイナーに丸山敬太の画像を拡大

 新制服の導入にあたり、丸山敬太は新生JALグループと利用者のコミュニケーションをより円滑に進めることを目指し、自身の感性を落とし込んだ制服デザインを提案。航空機の尾翼や空港のサインに使用されている鶴丸がモチーフの同社のロゴマークを取り入れるなど、視認性の高さとともに清楚で上質なデザインに仕上がる予定だ。現在は、着用予定者からの要望を汲み取り、機能面の微修正やコスト削減のためのデザイン上の創意工夫を重ねている段階だという。2013年度上期の着用を目標にしているが、制服の発表時期は現段階ではまだ未定となっている。 丸山敬太は、これまでも業界の垣根を超えたコラボレーションで話題を呼んできたデザイナー。最近では映画「ヘルタースケルター」で沢尻エリカ演じるトップモデルりりこが着用した深紅のドレスや、秋葉原の有名メイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」の新メイド服を手がけるなど、あらゆるフィールドに活動の幅を広げている。