国内エンジニアが海外で働いてみたいと思う国とは?-メイテック調べ

写真拡大

エンジニアの派遣・各種技術サービスを提供しているメイテックは、7月6日〜7月9日、製造業の技術職に従事している18歳以上の男女(1,000人)を対象に、第2回「国内エンジニア1,000人のキャリア調査」を実施。

同調査は、昨年行った第1回「国内エンジニア1,000人のキャリア調査」に引き続き、2回目となる。

「海外で働くとしたら、働いてみたいと思う国はどこですか?」と尋ねたところ、「アメリカ」が53.7%と最も高かった。

次いで、「ドイツ(40.2%)」、「台湾(33.4%)」、「シンガポール(33.1%)」、「カナダ(32.3%)」となっている。

また、職種別では、いずれの職種でも「アメリカ」が最も高く、従業員規模別では、「5,000人以上」の企業勤務者で、「アメリカ」、「ドイツ」と回答したエンジニアの割合が相対的に高かった。

「日本の技術力に対する考えで、あてはまるものはなんですか?」という質問では、エンジニアの66.9%が、「日本の将来は技術力・モノ作りにかかっている」と回答。

「日本社会の発展のために働きたい」と回答したエンジニアは45.1%となっている。

「日本の技術力・モノ作りは世界をリードしている」と回答した人が49.5%いる一方で、「将来、日本の技術力・モノ作りは世界をリードしている」と回答した人は29.9%にとどまった。

さらに、「日本の将来は明るい」と回答したエンジニアは1割未満と、強い危機感を持っており、「(子どもがいたとしたら)子どもには、エンジニア・技術者になってほしい」と回答したエンジニアは26.5%にとどまっている。