経済キャスター・鈴木ともみが惚れた、”珠玉”の一冊 (24) ”成長”し続けなければならない苦しみとは? 山田玲司氏『資本主義卒業試験』

写真拡大

経済キャスターの鈴木ともみです。

今回は、漫画家の山田玲司さんの著書『資本主義卒業試験』(星海社新書)をご紹介します。

難題であるテーマ『資本主義』の構造が「マンガ×小説」形式により、とてもわかりやすくまとめられています。

ぜひ、若い世代の方々にお読みいただきたい一冊です。

鈴木 : 一気読みさせていただきました。

複雑な「資本主義の構造」が的確に整理されている一冊ですね。

山田 : ありがとうございます。

難しいテーマですので、漫画のスキルを生かし、理解しやすいような会話形式でまとめました。

鈴木 : クライマックスにかけてのシーンは、まさに舞台演劇の一幕のような迫力があり、圧巻でした。

これまで、山田さんは「恋愛」や「非属」など、あらゆるテーマを題材にした(漫画を中心とした)作品を世に送り出し、評価を得ています。

今回、改めて「資本主義」をテーマに選ばれたのには、どのような理由があったのでしょうか?山田 : 私は、日本経済のバブル成長期を20代で体験し、その恩恵を受けてきた世代です。

さらに私よりも上の世代は、高度経済成長期を生きてきた世代です。

そのような歴史を経た今、どんな時代にあるかと言うと、それら成長期に積み上げられたツケを多くの人たちが払わされている時代、まさに「巻きこまれの時代」の真っ只中にあると思うのです。

今を生きる若い人たちは、この「巻きこまれの時代」のなかで、戸惑い苦しんでいる。

その根幹にある「資本主義」の構造や実態を、自分なりの表現で、多くの人たちに伝えたいという思いから、本書が生まれました。

鈴木 : 山田さんご自身は、その「巻きこまれ」の渦中にいたことはあるのでしょうか?山田 : 実際、私も貧乏漫画家として苦しんだ頃がありました(笑)。

漫画家としての仕事の面だけでなく、恋愛の世界でも葛藤した時期もありました。

そういった自分のなかに存在する部分や、友人のエピソードなどを投影させたのが、物語に登場するキャラクターたちです。

鈴木 : 登場人物たちが個性豊かですよね。

まさに「資本主義」社会に生きる象徴的な存在と言えるかもしれません。

最初に登場する主人公は35歳の漫画家さんですね。

鈴木 : 物語は、この35歳の漫画家・山賀玲介が取材したことのある有名大学の教授を訪ねる場面から展開していきますね。

その教授が学生に出した「資本主義卒業試験 Q・行きづまった現代の資本主義社会は、どういう形でつぎの社会へと卒業できるのか?」の答えをもらいに…。

そこに、試験の単位が欲しいと女子大生の赤星リコが懇願しにきます。

山田 : そうですね。

登場人物一人ひとりが加わります。

次に出てくるエコの国から来た鈴木大地というキャラクターは私の友人をイメージしました。

鈴木 : この鈴木大地という人物の苦悩に共感される方は多い気がします。

苦悩と言う点では、次に登場する黒沢という人物も中年サラリーマンが抱える典型的な失望と葛藤に苛まれていますよね。

山田 : はい。

黒沢を始め、登場人物たちは資本主義社会の歯車に巻きこまれ、根本にあったはずの「自分」がどんどんブレていき、不安や苛立ちや苦悩を抱えてしまうのです。

商社マンの黒沢はその象徴的な例かもしれません。

鈴木 : そして、主要な登場人物が出揃ったところで、一行はラピスという案内人に導かれ、『資本主義ランド』へとたどり着きます。

そこには『ネバーエンディングストーリー』のもと、お城のなかに住むお姫様が登場し、「夢」や「欲望」を叶えることの大切さを説きますね。

続いて登場するのが根拠のない、絶対無敵のヒーロー・ビクトリス。

「努力すれば必ず勝利する」という思想を披露します。