高速トリビア (24) 「レーンマーク」に秘められた仕掛けとは!?

写真拡大

高速道路に引いてある「白線」が何を表しているのかご存知ですか?基本的には車線を区切るためで、正式名称もそのままの「区画線」です。

片側2車線以上の車線がある道路で、走行車線と追越車線の間に引いてある線のことは「車線境界線」と呼びます。

この車両境界線には、実は仕掛けがあります。

それが「レーンマーク」です。

レーンマークは、8mの白線と12mの空白区間で構成されています。

白線と空白区間の1セットが20m、5セットで100mになります。

レーンマークを目安にすることで、適正な車間距離を測ることができるのです。

レーンマークは、車間距離を測る以外にも様々な機能を持っています。

「高輝度レーンマーク」は、塗料にガラスビーズを混ぜ込み、照明やヘッドライトに反射する再帰反射という性質を利用して拡散させ、夜間の視認性を高めています。

夜間や雨天時に特に有効です。

「突起型路面標示工(凸型)」は、レーンマーク上に突起(高さ5mm以上、突起の間隔400mm程度)を設置し、タイヤがレーンに載ると振動や音を発して、居眠り運転などの車両へ車線逸脱の注意を喚起します。

「導入レーンマーク」は、視覚による注意喚起を目的としています。

短い斜線状のレーンマークを車線の内側に引くことにより、車線中央部の走行を促し、漫然運転を抑制します。

また眼の錯覚を利用して車線の幅を狭く見せることで、速度抑制につなげています。

適正な車間距離を測る手助けをするツールとして、車間距離確認区間の基点標識も利用できます。

これは0mの確認基点から、50mと100mの標識が設置されています。

その他に50mごとに設置されている、丸い反射板の付いたデリネーターという視線誘導標識も目印になります。

また先行車が通り抜けた目印のある地点へ、自車が何秒後に達しているかを数える「車間時間」という形で距離を確認する方法があります。

車間時間をカウントする際は「いち、に、さん」ではなく「ゼロイチ、ゼロニ、ゼロサン」と実際の時間に合うように数えます。

この場合、最低限で一般道路では2秒以上、高速道路では3秒以上が必要だとされています。

高速道路上には車間距離を測定できるものさしが数多く設置されています。

それだけ安全のためには重要だということです。

高速道路では時速を距離に置き換えた数値、つまり時速100kmなら100mが安全な車間距離とされています。

これはレーンマークいくつに当たるでしょう。

皆さんはもうご存知ですよね?