(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●番外編、孔明の死後の三国志について
「人形劇三国志」は全68話で終了しています。しかしながら孔明の死後も蜀は存在しています。それではその後、蜀はどうなったのか?を気になる方も(私を含め)少なからずいると思われます。

そこで「人形劇三国志」第69話以降として番外編をご紹介したいと思います。
●蜀、最後の名将・姜維の北伐!
孔明が後継者として託した姜維は孔明の悲願である魏の討伐をするがために北伐を願い出ます。しかし、費禕が存命であったときは「今は内政に注力し人材の育成をするときである」とされ、北伐の許可は出ませんでした。

しかし、249年の司馬懿が曹爽一派を誅殺した件で身の危険を感じた夏侯覇が蜀へ帰順し、253年に費禕が暗殺されると蜀の全権が姜維に委ねられた後、劉禅は姜維に北伐の許可を出します。
●段谷の戦い
姜維は夏侯覇と共に魏を攻め、李簡を降伏させ、徐質を討ち取ります。そして王経軍を大破させるに至りますが…。

蜀の胡済の援軍が来ず、そのため段谷の戦いでは魏の艾軍に大敗を喫します。ここで蜀は孔明の死後、枯渇していた人材が更に二桁の武将を失うに至り、北伐の成功は更に困難となってしまう結果となります。

それから数年、姜維は北伐を一時中断し漢中の守備に専念します。そのため蜀も軍事面については安定してきたのですが…。
●黄皓と陳祗、蜀の衰退に拍車をかける!
姜維は確かに軍事面については名将と呼ぶに値する働きを見せていましたが、その半面、内政面については全く顧みなかったようです。

それでも費禕が存命であった時期であれば内政面を気にしなくてもさほど問題は無かったのですが、費禕亡き後の蜀の内政面は衰退の一途を辿っていきます。特に陳祗と宦官の黄皓が蜀衰退の元凶であったようです。

陳祗は劉禅が色欲に溺れ、快楽に興じる様を咎めもせず、黄皓は姜維を左遷して閻宇という暗愚な武将を大将軍に任じようと劉禅に上奏します。

※但し、姜維も北伐の失敗により国力を疲弊させたという事もあり閻宇を登用するかはともかく、左遷されたとしてもおかしくはなかったようです。

流石に内政面を顧みなかった姜維も黄皓の専横に対して劉禅に黄皓の処刑を上奏するも劉禅に受け入れられなかったため、蜀の内政は壊滅状態にまで陥ります。

しかしながら本当に蜀の衰退について拍車をかけたのは陳祗でも黄皓でも無く、君主である劉禅が快楽に溺れ政治や軍事等に対して全く顧みなかった暗愚な人物であったためだと言えます。

番外編「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第73話(番外編)「孔明亡き後の蜀を支えた蒋琬・董允・費禕」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第72話(番外編)「呉の孫権、二宮事件にて滅ぶ!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第71話(番外編)「仲達(司馬懿)一族の飛躍!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第70話(番外編)「魏の曹叡と仲達、その後」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第69話(番外編)「魏延と楊儀の死」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト