目の疲れを事前に防ぐ! 「めがねやさんのサプリ」が発売開始

写真拡大

メガネブランド「Zoff」を展開するインターメスティックは、9月28日より「めがねやさんのサプリ ルテイン」を発売開始する。

発売をうけ、同社は製品説明会を都内で開催した。

出席した同社社長上野氏は、「'メガネ屋さんが開発したサプリなんて本当に効果があるの?'と思われたくないので、徹底的に取り組みました」と語った。

同商品は、分子生理化学研究所と共同で開発されたもの。

パソコンやスマートフォンの利用が多い人や、細かい文字を見る機会が多い人のために作られたサプリとのこと。

サプリ1粒中に、ルテインが15mg配合されている。

ルテインとは、ホウレン草やブロッコリーなどに含まれるオレンジ色の色素のこと。

ルテインには、パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトを吸収する性質があるという。

ブルーライトは目の奥の網膜にまで届き、目の疲れや痛み、視力低下や頭痛などの症状を引き起こすと考えられているため、ルテインを摂取することによって、それらの症状を事前に予防することが可能となる。

イベントには、分子生理化学研究所の谷野氏が出席。

分子生理化学研究所はサプリメントの開発を行っている会社で、オリンピックに出場する選手をはじめ、数多くのトップアスリートに愛飲される商品を作り出している。

同氏は、ルテインを摂取することの重要性について講演を行った。

「アメリカの失明原因の第一位は『加齢黄斑変性症』であり、これを引き起こす原因はブルーライトであるといわれています。

その予防のためにも、若いうちからルテインを摂取することが大切です」(谷野氏)ルテインの一日における最低摂取目安量は約6mgであるといわれており、ルテインを多く含むホウレン草でさえ6mgを摂取するにはサラダボウル5、6杯を食べなければならないという。

そのため、「手軽に摂取できるサプリメントを利用するのが効果的だ」と同氏は語った。

「めがねやさんのサプリ ルテイン」の価格は3,980円。

Zoffオンラインストア、Zoff Park Harajuku店、Zoff 下北沢店で購入可能。