2012年10月17日(水)-19日(金)に東京ビッグサイトで開催されるIFFT interiorlifestyle livingの記者発表が2012年9月18日(火)に行われました。

記者発表では、リニューアルされた会場構成として新しいゾーニングと出展対象製品の発表や、日本と世界の名作家具の魅力として、国内外の充実した家具のラインナップの紹介、手にとると楽しいサプライズが満載の最新デザインプロダクトが集結する人気ゾーン(MOVEMENTエリア)、ドイツ、フランクフルトのアンビエンテでスタートした「JAPAN STYLE」の展開、IFFT interiorlifestyle livingに初登場の「NORDICLIFESTYLE」等が紹介されました。

 
 
インテリア情報サイトが注目したものは、IFFT interiorlifestyle livingの新企画「Creative Resource 素材と造作のちから」です。企画のクリエイティブディレクションとして株式会社芦沢啓治建築設計事務所の芦沢啓治氏が参加し、編集型のライフスタイルのニーズに応えるインテリアマテリアル、造作家具、関連商品で生み出す新ビジネスゾーンを展開します。


自分自身の身体、体質、性格等によって様々な需要が溢れる現代では、お客様それぞれのニーズにあった商品を提案していく必要があります。そこで今回、様々な素材や造作を集め、どのようにそれらを家具や空間に活かせるかを考えられるような展示が行われます。

Creative Resource


会場構成のスケッチ
 
また、6人のデザイナーに「Creative Resource(クリエイティブ リソース)とは?」と問い、それぞれのデザイナーが思うCreative Resource、つまり様々な素材や造作を持ち寄ります。そこからものづくり現場は、新たな家具、空間作りのヒントを探すことができるかもしれません。

芦沢啓治(あしざわけいじ)
住空間に素材の表情を大胆に活かしたり、各種パーツをインテリアにユニークに使うなど、
現代の「編集型」生活に適う建築空間づくりの上手さで定評を持つ。
大きな建築から住宅、小物や家具までデザインを手がけ、暮らし全方位からの視点を持ち、
リノベーションの分野でも人気の建築家。

 
 
 
開催概要
■名 称:IFFT/Interior Lifestyle Living
■会 期:2012 年10 月17 日(水)−19 日(金)
■会 場:東京ビッグサイト東ホール
■入 場 料:2,000 円(Web 事前登録者、招待状持参者は無料)


■主 催:社団法人日本家具産業振興会、メサゴ・メッセフランクフルト株式会社
 http://www.ifft-interiorlifestyleliving.com/jp/top.php