【女性編】チャレンジしたことのある、2学期デビューランキング


ちょっとだけ背伸びをしてみた





学生時代に2学期デビューを試みたことはないですか? 計画がうまくいった人も、失敗してしまった人も、大人になったいまでは、懐かしいエピソードとなっているはず。そこで今回は、517名のマイナビニュース会員の女性に、チャレンジしたことのある、2学期デビューについてアンケートしました。





Q.チャレンジしたことのある、2学期デビューを教えてください(複数回答)

1位 髪を染める 18.6%

2位 ダイエット成功 7.7%

3位 メイクをする 7.5%

4位 眉を整える 6.8%

5位 バイトをはじめる 6.0%







■髪を染める

・「親に怒られましたが満足でした」(27歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「ストレートの黒髪ロングから、ベリーショートの茶髪にしたら、超モテるようになった」(27歳/その他/事務系専門職)

・「高校生のときに赤めに髪を染めたら、そこから怖がられるようになってしまった」(34歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)





■ダイエット成功

・「やせ過ぎで保健室に呼び出され、担任の先生から本気で心配された」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「高校のとき、夏バテと受験勉強でげっそりして、みんなから痩せたねと言われた」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「夏は痩せやすいからです。プールに通い、ダイエットをしました。夏であまり食欲がなかったこともあり目標達成できました」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■メイクをする

・「美容雑誌で研究した結果を試す」(24歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「休み中毎日化粧していたら、すっぴんがこわくなった」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「デパートの化粧品売り場へ行った」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)





■眉を整える

・「細すぎて失敗」(36歳/電機/営業職)

・「校則の範囲内で、ちょっとかわいくなろうと努力してみました」(28歳/金融・証券/営業職)

・「細くなりすぎて注意された」(25歳/アパレル・繊維/事務系専門職)





■バイトをはじめる

・「学校生活に余裕ができてやりやすくなる」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「まずお金があれば、何かできそうだった」(26歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「学校はバイト禁止だけど、おこづかい稼ぎでないしょでバイトしていた」(24歳/商社・卸/営業職)





■番外編:2学期デビューを断念した人も

・洋楽を聴きはじめる「夏休みにはじめたバイトで、先輩に教わって洋楽を。懐かしい」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・成績が急上昇「自分に合う勉強法を見つけたから」(28歳/医療・福祉/専門職)

・特にない「2学期デビューだと思われるのが恥ずかしくてできなかった」(28歳/金融・証券/事務系専門職)





総評

1位に輝いたのは「髪を染める」でした。2位から4位までにも、ダイエットや眉を整えるといった、見た目を変える2学期デビューがランクインしています。夏休みに思い切って髪の毛を染めて、そのまま登校したという女性が多いようです。その後先生に怒られて、渋々黒く染め直したという人も多いことでしょう。





3位には「メイクをする」がランクイン。夏休みはメイクの研究をする絶好の機会だったのかもしれませんね。デパートへ行って、自分のために初めてメイク道具を購入した思い出が、とても懐かしいという女性も多いでしょう。





番外編では、周囲の目を気にして、2学期デビューができなかったというコメントも。鮮やかな2学期デビューを成し遂げた友達を横目に、はがゆい思いをした女性は多いようです。ちょっとメイクを変えるだけで、気持ちが急に前向きになることもあります。もしかしたら、その最初の体験が学生時代の2学期デビューなのかもしれませんね。

(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)





調査時期:2012年7月23日〜2012年7月28日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性517名

調査方法:インターネットログイン式アンケート