向令孝(むかい・れいこう)1947年、大阪生まれ。高校3年生の時、父の急逝を目の当たりにして無常を観じ、関西学院大学1年生の時、たまたま臨済禅師の言葉「無位の真人」に出会って衝撃を受け、禅に傾倒し、現方広寺派管長・大井際断老師について参禅修行を始める。最初に参加した7日間不眠不休で坐禅をする荒行にて、いきなり見性(悟り)する。大学卒業後、大手流通企業に就職するが、29歳で出家得度し、6年間の雲水修業を経て兵庫県の相国寺派法雲寺住職となる。1987年より毎年ドイツに行き参禅指導を続ける。1995〜2011年まで臨済宗方広寺山内の奥山青壮年研修所所長を務め、2007〜2011年まで臨済宗方広寺派教学部長を務める。現在は浜松市の方広寺派祥光寺住職。 http://imakoko.hamazo.tv/

写真拡大

人気スピリチュアル・ブロガー、阿部敏郎氏と、禅僧である向令孝氏。
禅とスピリチュアル、双方の根底に流れる考え方は、
実は驚くほど一致しています。

この連載は、それぞれの立場から“悟り”について語った
二人の共著『みんながブッダ』付属CDに収録されている対談から
一部抜粋・編集して全4回にわたってお送りしています。

「悟れる者」は
何を悟っているのか?

阿部:白隠禅師の坐禅和讃の中で、まず一行目に「衆生本来仏なり」ってあるよね。この仏っていうのは、死んでしまった仏様のことじゃなくて、本来ブッダですよ、って言ってるわけだよね?
【向禅師による「白隠禅師坐禅和讃」の読経が試聴できます】www.youtube.com/watch

向:その通り。「(誰もが)本来ブッダだよ、悟れるものだよ」っていうことを言ってるんだよね。

阿部:ブッダという言葉の本来の意味は、「悟れる者」っていう意味ね? 
何を悟ってるの?

向:「本来は大いなる命に生かされてある」ということを、さ。

阿部:それを悟ってる、っていうことだよね。「生かされている」っていうことを悟っている。
「本来、我々は生かされてるっていうことを自覚している、そういう存在なんだよ」っていうこと?

向:そう。でも、そのこと自体に気づいてないっていうことじゃない?

阿部:自分がブッダであるということを?

向:そのちょっとした違い。本来、生かされている、ということにおいては等しい。みんなそういう意味では「衆生本来仏なり」だ。
でも、そこで空気吸ってることに気づくか気づかないか、太陽にさんさんと照らされていることに気づくか気づかないか。そのことをありがたく思うかどうか。このちょっとした違いなんだけど。

阿部:ということは、ブッダと、自分はまだブッダじゃないと思ってる人の違いとは、ちょっとしたことだっていうことだね?
ただ、そこに気づいているかどうか。

向:気づけているかどうかという。

阿部:それは質的な違いじゃなくて、気づきがあるかないかだけ。
ということは、われわれがブッダとしてあがめてきた多くの偉人たちもわれわれも、何ら変わらないっていうこと。ただ、そのことに気づいたか。

向:だって、いつも空気を吸っているんだもの。
偉い人もわれわれも、今ここにいて空気を吸っている、という意味において、大いなるものに生かされているということについて全然変わりがない。

阿部:だから僕は、悟った人と悟っていない人の違いって、一つしかないんじゃないかって思ってるわけ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)