JALグループ、丸山敬太氏デザインの制服に変更

写真拡大

JALグループは18日、航空運送事業に関わる全部門の制服について、2013年度上期より新デザインに変更すると発表した。

新制服のデザイナーには丸山敬太氏を起用。

新制服のコンセプトは、「視認性の高さの実現」「清楚で上品なデザイン」「挑戦のスピリット」「コスト削減」。

グループ内で統一性を持ったデザインにし、JALグループの社員であることが一目でわかるものにするという。

また、素材だけではなく管理方法についても再検討し、さらなるコスト削減を実現するという。